タダで旅ができるだけじゃない。最高に便利なWorkawayについて

Workawayって本当に便利な仕組みだと思うんですが、日本だと認知されていませんね。「非公認Workaway日本大使」として紹介したいと思います。
詳細は本家のサイトを見て欲しいのですが、英語が分からないという人のために本家のサイトにある Information ページを翻訳しました。そちらも合わせてご覧ください。

本家サイト:http://workaway.info
非公認の翻訳:http://kentakeshige.postach.io

Workaway.infoってなに?

Workawayにはホストワークアウェイヤー(ボランティアのことをこう呼ぶ)という2種類のユーザがいます。

###〔ワークアウェイヤーの視点〕

1日数時間ボランティアをすることで、宿と食事を提供してもらえる仕組みです。例えば長期旅行をしたい旅行者が現地でボランティアをすることで、宿泊費・食費を節約し、しかも現地の人と深く交流できるという一石二鳥を達成できます。ホストと仲良くなってガイドブックには載っていないとっておきのビーチに連れて行ってもらうことだってあるでしょう。

###〔ホストの視点〕

宿と食事を提供することで、1日数時間の労働力が得られます。しかもあなたは家にいながらにして、あなたのもとにやってくる世界中の人たちと交流することができるのです。例えばあなたが家庭菜園を持っているとして、そのメンテナンスを依頼したとしましょう。畑の手入れをしてもらえるのはもちろん、例えば相手の人と英語でコミュニケーションを取ることで英語の経験を高めたり、相手と食事をしながらその人の国のことを教えてもらうことだってできます。いつのまにか世界中に友達がいる、なんてことになるかもしれません。

要するに労働と宿・食事を交換するプログラムなのです。ただこう書くと、ただの労働と対価の交換という理解をされてしまいそうですが、実際は包括的な《文化交流》を目的としています。その文化交流の手段が《一緒に働くこと》である、と理解すると誤解がないと思います。

具体的にはどんな仕事があるの?

本当にありとあらゆる仕事があります。

  • 家のペンキ塗り・庭の柵の補修・工事の手伝いなど
  • 料理・掃除・洗濯・お買い物・ベビーシッター
  • 草取り・植え付け・収穫の手伝い・畑を耕す
  • 動物への餌あげ・フン掃除・犬の散歩
  • IT関連・ウェブサイト制作・事務仕事
  • 語学のレッスン(英語を子どもに教えたり)

なんでもありです。

登録からボランティアまでの流れは?

ここまでで、なんとなく Workaway.info についてイメージできるようになったと思います。ここで、登録から実際に初めてのボランティアをするまでの流れを書いてみます。

  1. 登録
    1. ウェブ上から必要事項を記入して、登録します。
    2. 費用の支払いを行います(1人だと22ユーロ、カップルで登録すると29ユーロ。これで2年使えます)
    3. この時点でサイトを利用できるようになりました。
  2. 初めてのボランティアまで
    1. サイトにログインし、行きたい国や仕事内容でホストを選びます。例えばベトナムで有機農業をしている農園で働く、なんてことが可能です。
    2. いくつか見つかったホストのプロフィールを見て、気に入ったホストにメッセージを送ります。通常はホストのプロフィールの中に「ボランティアに求めること」が書いてありますので、それも参考に選びましょう。ホストによっては「男性は不可」とか「未経験者OK」など明確に書いてくれている場合もあります。不安なことは全部聞くのが大切です。
    3. ホストの都合とあなたの都合(日程やスキルなど)が合えば、詳細を話し合って成立です。ホストの家に行く日や住所を聞いておきましょう。当時の緊急連絡用に電話番号を聞いておくと便利です。
    4. あとはホストの家に行って働きましょう。お互い他人同士なので、不安・不満など積極的に話し合ってください。

トラブルはないの?

まぁ、あるでしょう。

他人同士が一緒に生活し、仕事をするわけですからトラブルはあります。学校や会社と同じで、トラブルがあれば両者で話し合って解決するというのが基本です。よくあるであろう、トラブルとアドバイスを書いてみます。

  • 仕事がつらい!
    • 「1日5時間って言ってたのに8時間は働かされている!」とか「力仕事はないって言ってたのに、力仕事ばかり……」なんてときはホストに相談しましょう。忘れちゃいけないのは、これはボランティアであり、文化交流だということ。あなたの主張ばかりを押しつけて「絶対5時間以上は働かない」と戦うのではなく、「もし働く時間が長いなら週5日の予定を週に4日にしてもらえない?」とか「今日は頑張るから明日は休ませて」とか、譲り合って解決しましょう。
  • 食事が合わない
    • まず、勘違いしやすいのはホストは調理係ではありません。本サイトの中にも書かれていますが「料理もシェアされるべき家事」であり「交換すべき文化」のひとつです。レストランではないので「文句を言うなら自分でやる」くらいの気持ちが必要です。
    • あなたに好き嫌いがあるならば、事前に話し合っておきましょう。
  • セクハラ・パワハラなど
    • 女性がひとりでボランティアをするケースなど、不安に思う人もいるでしょう。こればかりは絶対安全な方法というのはありません。油断しない・隙を見せないなどに加えて、ホスト選びを慎重に行うしかありません。
    • ホストを選ぶ際に家族で住んでいる人、子どもと一緒に住んでいる人、など安全そうな人を選ぶのが良いと思います。そのひとつの指標として、他のワークアウェイヤーが書いているホストのレビューを読むといいと思います。

こんな風に活用しよう(ワークアウェイヤー編)

1.お金はないけど世界一周の旅をしたい

ケース:昔から夢だった世界一周。今こそチャンスだから行きたいのだけど、貯金が心許ない。今の貯金だと、駆け足で回る世界一周になりそうだな……。

世界一周(に限らず長期の海外旅行)で一番お金が掛かるのは宿代と食費。言い換えれば、この2つが掛からなければ交通費と観光費用しか掛からないわけです。そこで長期滞在したい国では Workaway を活用しましょう。旅の前に登録だけは済ませておいて、あとは行き当たりばったりでOKです。

「そろそろヨーロッパに入るけど、物価高いなァ」

なんて思ったら、すかさず Workaway で行きたい国のホストを探して連絡しましょう。とりあえず1~2週間くらいでアポを取り、居心地が良ければ交渉して延長するのもいいかもしれません。海外旅行の醍醐味は観光地巡りよりも、現地の人の文化を見ること。Workaway なら見るだけでなく、どっぷりと浸り体験することができます。

ただ観光地を回る旅よりも「イタリアで1ヶ月ブドウ農園で働いた」旅の方が思い出話が面白いと思いませんか?

2.転職で手に入れた1ヶ月の休みで英語の勉強をしたい

ケース:転職を機に有休消化で1ヶ月の休みを手に入れたゾ。転職先の仕事で英語を使う機会が多そうだから、英会話スクールでも通おうかな。でもせっかくの休みだから海外旅行もしたいし……。

なんて人は Workaway で英語圏の国に行こう。海外旅行をしながら、確実に英会話スクールよりも身になる英語を学べるはずだ。例えば「ビーチ沿いのゲストハウスのお手伝い」なんてホストを見つければ、半日ゲストハウスの手伝いを通じて英語力を鍛え、空いた時間はビーチでカクテルでも飲んでいればいい。

しかも可能ならば、あなたの職種に近いジャンルの仕事を選ぶことで「すぐに仕事で活かせるボキャブラリー」を得ることもできる。例えばIT系の仕事をしているのなら、それに関連したホストを探そう。嫌でも生きた英語を覚えられる。

英語は使うのが1番の練習。最低限の知識があるなら(日本人はみんなある!)、思い切って現地に飛び込んでみよう。なんとかなるよ。本サイトの言葉を借りるなら「滞在期間を終える頃には英語で夢を見るようになるかもネ」ってなもんだ。

3.実際に有機農業をしている人のスキルを学びたい

ケース:農業系の大学に通っていて、有機農業について勉強しているが、実際にそれを職業にしている人の話を聞いてみたい。体験してみたい。

語学の勉強ばかりが Workaway の強みじゃない。その仕事自体のスキルを学べるのも特徴だ。

ホストによっては「すでにスキルがある人」と限定しているケースもあるので必ず確認をしてほしいが、未経験者OKというホストも多いんです。また「スキルはないけど、長期滞在するから教えて」などとお願いすれば受けてくれるホストも多いでしょう。

こういったスキルの学習もちゃんと Workaway で推奨されていることです。未経験であることを恥ずかしがらずに思い切って飛び込んでみよう。

こんな風に活用しよう(ホスト編)

ボランティア側のことが紹介されることが多い Workaway ですが、実はホストとしても凄く役に立つサービスなんですよ。以下のケーススタディにも挙げてますが、英会話スクールでマンツーマンレッスンをやるくらいなら、英語ネイティブの外国人を家に招き入れて最大5時間は自分専用の先生にすることだって可能です。

しかも日本は物価が高く外国人が旅行しづらい国です。みんな日本で Workaway したがっていると思います。

1.自宅の家庭菜園のメンテナンスが大変で……

家庭菜園に興味があって、近所で大きめの畑を借りたものの、毎日のメンテナンスが大変。そもそもひとりでやっていると疲れるしモチベーションも下がってしまう。

Workaway.infoのホストとして農業のスキルがある人(あるいは興味がある人)を募集しましょう。ひとりでやるよりもみんなでやった方が楽しいはず。難しいことをお願いするのでなければ、スキルがない人でもOKだと思います。最初にやるべきことを教えてあげれば大丈夫でしょう。ぼくらも未経験の仕事を任されたことがありますが、なんとかやるものですよ。

2.娘を英会話スクールに通わせたいんだけど……

大学で海外留学したいと言っている高校二年生の娘。留学前に少しでも英語のスキルを上げたいから英会話スクールにでも通わせようと思っているんだけど、なにしろお金が掛かるんだよなァ。

実は日本人のホストに1番オススメしたいのがこの使い方。日本人は英語を6年も勉強しているけど話せない人が多い。これは決して知識が足りてないのではなく、経験が足りていないだけ。

僕だったら Workaway.info で家事手伝いをする女性(このケースは教える相手が娘だから女性がいいと思う)を募集します。メインの仕事は「娘との交流」にしてもらい。あとは家の掃除や食器洗いみたいな雑用をお願いしてもいいのでは? Workaway の基本的な方針は1日5時間程度の仕事ですが、何も必ず5時間埋めなくちゃいけないわけじゃない。例えば毎日2時間くらい娘と雑談してもらい、その時に間違った英語や言い回しを正してもらうって感じでもいいわけです。

日中はボランティアの人は自由時間にしてあげて、家でゆっくりするなり観光するなりしてもらい、夕方は団らんしながら英語のレッスン。家事も少し手伝ってもらえば毎日の生活にゆとりが出るかもしれません。

3.自分のプロジェクトの Web サイトを作りたいんだけど何からやっていいか……

例えば小さなペンションを経営していて、ペンションを紹介する Web サイトを作りたい。だけど知識がなくて、専門の会社に頼むと凄く高くて払えない……。

Workaway で IT 技術とデザインスキルのある人を募集しましょう。こればかりはスキルがある人でなければいけませんので、ちゃんとそのことを伝えてください。1日5時間、あなたの Web サイトのためだけに頭を悩ませてくれる仲間を得られるんです。こんなありがたいことはないですよ。

これって普通に専門企業に頼むと1日数万円も取られることなんです(僕が近い職種でした)。でもボランティアからしたら、宿も食費も高い日本にゆっくり滞在できて、しかもあなたと交流することで、日本をより知ることができる。

まとめ

1日数時間働くことで、タダで宿泊・食事ができる Workaway 、空き部屋と食事を提供するだけで、世界の人々と一緒に働けるWorkaway 、どちらの視点で見ても凄く面白い仕組みだと思います。

グローバル社会とか、日本人の英語力とか、外国に行くことがステータスになっている昨今ですが、その有力な選択肢のひとつとして Workaway を活用されてはいかがでしょうか?

——————————————————
Amazonで発売中

父の筆跡・秋明菊の花びら、ほか

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

6 thoughts on “タダで旅ができるだけじゃない。最高に便利なWorkawayについて

  1. mai

    秋頃からワークエクスチェンジを考えています!
    英語を磨きたいので英語圏の滞在か
    観光したい国を考えています。
    トルコでの滞在は安全ですか?

    Reply
    1. kenemic

      ご存じの通り、イスラム過激派の活動地域であるシリアの隣国であることから、場所によっては安全ではないと言っても良い状況です。(シリア・イラクとの国境沿い)
      http://www.afpbb.com/articles/-/3036802
      http://www.afpbb.com/articles/-/3037209

      また外務省の渡航に伴う危険情報も確認しておくべきでしょう。
      http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=052#ad-image-0

      上記のようなエリアに行かなかったわたしの経験としては、トルコは比較的安全だと思っています。とはいえ言うまでもないですが、日本と比べれば、はるかに気を使う場面は多いです。スリ・置き引き・ひったくりのようなものは(特に都会では)多いようです。

      「安全です」と断言できないのは、それで油断して事件・事故に巻き込まれたら申し訳ないからです。基本的なことを注意していれば、十分に安全で、楽しい国だと思います。

      ちなみに! トルコは英語圏ではないような……。喋れる人もいますが、かなりたくさんの人がまったく英語を話せません。ぼくらもトルコでWorkawayをやりましたが、お世話になった家族4人のうち3人はまったく英語を話せませんでした。一応、覚えておいてください。

      Reply
  2. Pingback:

  3. Pingback:

  4. Pingback:

  5. Pingback:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です