Workawayの解説サイトを作ってみた

実のところ10ヶ月も旅をしてきて、最近は仕事がしたい病にかかっている。なんか人のために、あるいは誰かとコラボして、明確なゴールに向かって活動したい。会社員時代のように同僚と問題を洗い出し、課題を設定し、Todoリストをこなしていくっていう達成感のようなものを感じたいという欲求だ。

もしかしたら承認欲求っていうやつなんだろうか?

とにかく「プロジェクトを立ち上げよう」と思い立った。やるなら旅に関連したもので、自分の特技が活かせること。自分のペースでできること。というわけで

<Workawayを日本でもっと普及させるプロジェクト>

を勝手に立ち上げた。立ち上げた、と言っても起業するわけじゃなくて、ただ個人的に勝手にがんばるだけ。

動機

社会的背景として

  • 日本の英語力不足が問題視されている
  • 海外への英語留学が注目されてきている(例えばフィリピンで英語留学)
  • 若い農業希望者も増えている

こういった環境下で Workaway は良い問題解決方法だと確信している。

しかしWorkawayは日本語サイトがない。日本語で解説しているサイトもない。Googleで「Workawayとは」で検索しても、わずかな体験者のブログが見つかるだけで、体系立てて説明しているサイトはほとんどない。

また、日本人はGoogleなどでも「日本語のみ」を対象にして検索している人が多いだろうと想像している(仮説)。そうすると英語の解説サイトに辿り着くこともなく、せいぜい体験者のブログを斜め読みして「よく分からんが英語だし……」と始めるに至らない人が多いんじゃなかろうか? もったいない。

成果物

というわけでこのプロジェクトとして第1弾の成果物です。

非公認Workaway日本語解説

今後の活動予定
概ね……

  • 上記サイトの充実
  • 自分の体験談を紹介
  • 自サイト以外のネットメディアでの紹介記事

などを考えている。

ちなみに、本家Workawayに「日本語サイトを作りませんか? 私やりますよ」と打診したところ「今はその予定はないとのこと」。しかしながら、日本語解説サイトを本家のTwitter経由で報告したところ、以下のようなありがたいメッセージが来たので、非公認ながら認められた(変な日本語だ)、と理解している。

wpid-18da82d724bf7dcb2af08be3acd6ef08-2014-04-16-14-215.png

訳 @ken_takeshige 共有してくれてありがとう! あんたは素晴らしい日本語大使だよ。

とにかく立ち上げたからにはがんばってみよう。
——————————————————
Amazonで発売中
父の筆跡・秋明菊の花びら、ほか

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です