OS X Yosemiteを1日使ってみて、思ったこと

MacのOS X Yosemiteが発表されてしばらく経ち、なんとなく落ち着いた頃かな? と思ってアップグレードしてみました。使用して1日経ったので、思ったことメモ。

公式サイト:Apple - OS X Yosemite

変化なし!?

ひと言で言えば、「実用的な変化はあまりなし」です。というのも、そんな目立った機能がたくさんあるわけではないから。でも、アップグレードの価値がないか? と聞かれれば「いや、アップデートしてもいいんじゃない?」とも思う。

それは細かい使い勝手がいいから。

ほら、ちょっと使い勝手がいいと「もっと使いたい」という気持ちになるでしょ。

気に入った点

Spotlightがいい

個人的にはSpotlightが搭載されてから、ずっとヘビーユーザーです。用途はひとつ。アプリを起動させるだけ。キーボードで操作するのが1番速いと思っているので、DockやらLaunchpadやらを使う事は稀。

例えばMail.appを起動するなら

  1. Control+SpaceでSpotlightを起動
  2. “M” か ”Ma” くらいまで入力するとMail.appが候補に挙がるからEnter

の極めて短いステップでアプリを起動できます。

で、今まではこのSpotlightが画面右上に申し訳なさそうに表示されていたのですが、これが画面中央でデーンと出てくる。気持ちがいいです。

ちなみにSpotlightは計算なんかもできるので、何かの作業中にちょっとした計算をしたいときは、上記のステップ2で、「1+2+3」とか入力すれば答えが瞬時に出てきます。段々人間が馬鹿になっていきそうな便利さです。

フラットデザインがいい

これは機能というよりも、気持ちよさの問題でしょう。全体的に画面がシンプルになって、作業への集中度を上げてくれる感じです。好みの問題もあるでしょうけどね。

Mail.appの画像注釈機能がいい

これはEvernoteのSkitchと同じ機能になります。要するにメールを書来ながら、画像に直接文字や記号を書き加えることができるというわけ。

例えば、誰かに写真を送るときに注目して欲しい部分を○で囲ったりできます。

これは「何で今までなかったの?」というくらいの機能です。この機能が付けたくれた心意気を受けて、今までGmailのウェブアプリを使っていましたが、Mail.appを使い始めようと思いました。

Safariがシンプルに

細かい比較は面倒なのでしませんが、とにかくシンプルになりました。頻繁に使うだけにこのシンプルさは大事です。

Safariを使っていて良かった、と思えます。

悪い点

Handoff

実はあまりないのですが、私のパソコンではハードウェア的な理由なのか、Handoff機能が使えません。でも、気にならない理由が多分使わないから。

一応売り文句としては「iPhoneでメールを書いている途中で、パソコンで書きたくなった時に便利」とのことですが、そんなシチュエーションがあまりない。いや、たまにあるけど、その滅多にない「たまに」のためにBluetoothをOnにしておくのがイヤ。

なんか、Bluetoothってバッテリー喰うわりに活躍頻度が低くて、Onにしておく気がしないんですよね。だから、先述のようなシチュエーションになっても、Handoffの為にBluetoothをOnにして、お互いが認識するのを待って、やっとHandoffが機能すると思うと、面倒なんです。

これは旅をしていて、充電がいつでもできるわけではないということにも起因するのだと思います。

まぁ、どっちにしてもハードウェア的に使えないので、考えても意味がないのですが……。

FacetimeとかiMessageとか

もともとほとんど使わないので、使えるようになっても影響なし。

まとめ

というわけで、最初に書いたとおり「実質的な機能として」めちゃくちゃ良くなった、というわけではありませんが、使っていて気持ちがいいと思うことが増えた、という感じでしょうか。

ちなみにサードパーティー製のアプリでも互換性の問題には直面していません。

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です