Feedlyを使うときに気にしている個人的な9つのポイント

結構長くFeedlyを使っていて、その使い方もずいぶん落ち着いたので、自分がどう使っているか紹介してみたいと思います。これからFeedlyを使おうとしている人や、よりよい使い方を模索している人のヒントになると嬉しいです。

基本的な流れ

なにも特別なことはしていません。なんとなくフローを作ってみました。

ポイントを挙げていきます。

1. Feedlyにはたっぷり詰め込んでおく

時々整理して減らすこともありますが、基本的にはFeedlyには大量のフィードを登録しておきます。RSSリーダーのいいところはたっぷり詰め込んで、それを素早く閲覧できることだと思っているので、迷ったらドンドン入れていく。

参考:《ブログ乱読宣言》ブログはたくさん読むから価値がある

2. Feedlyでは「Pocketへ保存」だけ

わたしはFeedlyでは記事の閲覧は一切しません。理由はふたつ。

  1. Feedlyで全文を読めず、使い勝手が悪い。
  2. Feedlyでは「気になる記事を探す」ことに集中したいから

中身を読むのは100%Pocketです。だからちょっとしたすきま時間にスマホのFeedlyを立ち上げて、サーッと興味がある記事をPocketに送り込み、興味がない記事はスワイプで既読にしちゃいます。

豆Tips:iOS版だと、右から左へ長くスワイプすると画面上の記事をすべて既読にできます。また記事を長押しでPocketに送ることもできる。だからこの動作の繰り返しで、気に入った記事をPocketへ送り、すべて既読にする、という操作が素早くできる。

3. 気になった記事はすべてPocketへ

FeedlyからPocketへは割とドンドン記事を送っていきます。面白ネタでも、便利な情報も、なんでも。それでも感覚的にはPocketに送るのは全体の5%にも満たないでしょう。

この時点では「この記事はブログで使えそう」とか「小説のネタになりそう」みたいなことはあまり考えません。ピンときたら110番、ならぬピンときたらPocketへ、です。

4. Feedlyのすべてをチェックしようとしない

Feedlyに大量のフィードをいれていると、すべてチェックしないと気が済まない気分になりますが、諦めましょう。未読記事が大量にあってもいいんです。

まあ、あまりに記事が多いフィードは嫌になって削除してしまうこともありますがね。

5. Homeを活用

FeedlyのHomeは、人気記事だけに絞り込んでくれます。だからどんなに大量にフィードを登録していても、Homeだけ見ていればOKというわけ。

6. その記事をどうするか考えるのはPocketで

Feedlyで気になった記事はすべてPocketに保存されています。

その後、記事はだいたい6種類に分類されます。

  • ブログネタ▶ blogideaタグをつけてEvernoteへ
  • 小説ネタ▶ novelideaタグをつけてEvernoteへ
  • 話のネタ▶ netaタグをつけてEvernoteへ
  • 個人的に追っているニュースなど▶ newsタグをつけてEvernoteへ
  • 友だちに知らせたいもの▶ その場でメール
  • 世の中に周知したいもの▶ Twitter(あるいはBufferへ)

7. Pocketに入れても読むとは限らない

「3. 気になった記事はすべてPocketへ」と書いたように、気になっただけですべてPocketに入れちゃいます。でもいざPocketに入れても読まないケースもあります。それでもいい、と割り切ります。あとでみたら興味が湧かないケースもありますしね。

この辺、義務感みたいになってくるとつまらなくなりますし、苦しくなります。

わたしの場合はいつも10個以上未読記事がある状態です。それでもよし。

8. なんでもかんでもEvernoteへ、はしない

「気になった」くらいの理由でEvernoteへ保存していた時期もありましたが、そういう記事は使わないし、あとから見返すことはないですね。だから(6)に書いたように、ブログ・小説などに使うという、ある程度の意思を持ってからEvernoteに保存します。

ToDoが発生するときにEvernoteに保存するイメージ。GTD的に言うと「つぎにやること」に該当したら、Evernoteという感じ。

9. 1ヶ月に1度くらい整理

気になったブログなどはドンドン追加していきますが、1ヶ月に1度程度整理します。思い切ってドンドン消していく。ガンガン足して、ガンガン消す。一方で気に入ったブログはMust Readに入れます。

Feedlyの活用法

わたしのFeedly活用法でした。特別なテクニックは使っていません。繰り返すようですが、Feedlyにはたくさんフィードを突っ込んでおいて、気になったらドンドンPocketに入れ、暇なときに読むだけです。

結構大事なポイントは「気になった記事をPocketに入れるタイミング」と「読むタイミング」は別、だということ。Pocketに入れるのも、読むのも、どちらも短い時間でできるので、ちょっとした空き時間を無駄にしないで済むんですね。

この方法だと、忙しい人でも最新情報を効率よく追うことができますよ。

読者の皆様はFeedlyをどう活用していますか?

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

One thought on “Feedlyを使うときに気にしている個人的な9つのポイント

  1. Pingback:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です