集中力とは脳の筋肉だ 集中力を鍛える4つの筋トレ

「おまえは集中力あるよなぁ」と言われることが時々ありますが、実際のところ人より特別集中力があるわけではありません。しかし、自分なりに「集中力」というものに対して、思うことがありますので、集中力とは? と考えつつ、鍛え方をご紹介しましょう。

集中力は筋肉だ!

集中力の短距離走と長距離走

集中力とはひとつのことに、どっぷりと、長い時間、脇目も振らず、没頭できる力のことを指します。時間に着目するとふたつに分類できますね。

  • 短い集中力:例えば1時間集中して作業ができる。1日中ひとつのことに集中できる。といった “ある作業” に没頭できる集中力
  • 長い集中力:目標達成までの長い道のりを脇目も振らずがんばれること。例えば半年〜1年かかるプロジェクトをゴールまで導く集中力。

前者が短距離走で、後者が長距離走、と言えば分かりやすいかな。

今日、とくに触れようと思っているのは「短い集中力」です。しかし、これを鍛えることは、そのまま長い集中力を鍛えることに繋がるとわたしは考えています。

集中力は脳の筋肉

集中力というのは脳の筋肉だと思っています。

作業をしていて「あ、他のことをしたいな」という欲求が起きたときに押さえ込み、元の作業に戻る。その押さえ込む筋肉が弱ってくると、欲求が勝ってしまうわけです。

だから集中力を鍛えるためには脳の筋トレが必要ってわけ。

好きなことなら集中できるとか、土壇場になれば集中できる、というのは集中力とは違うと思います。土壇場で発揮する集中力は火事場の馬鹿力のようなもの。普段発揮できなくては意味がありません。

集中力の筋トレ

腕の筋肉を鍛える筋トレが何通りもあるように、脳の筋トレにも何通りもありますし、向き不向きもあります。自分に合うものをやればいいでしょう。

どの方法にも言えるのは「一定時間、集中することを毎日繰り返す」の一言に尽きます。内容は何でも良いのです。すべてに共通するのは「時間を決めて、脇目も振らず」という点です。大事なのはそれ。

1.時間を決めて本を読む

空いた時間に何気なく本を読むのではなく、1日1度、時間を決めて本を読みましょう。長い時間である必要はありません。最初のうちは5分、10分程度でも良いです。ただし、絶対に他のことに気を取られずに集中してください。

仮に目標を20分にしたとして、途中で5分間他のことに気を取られて、結局25分読むのでは意味がありません。20分と決めたら、それこそ本から目を離さず20分読みます(読書メモを取るのであればいいでしょう)。

2.時間を決めて勉強する

本と同じです。とにかく時間を決めて勉強しましょう。絶対に脇目を振らず。

3.時間を決めて瞑想する

他のどれと比べても効果が高いと同時に、難易度も高いのがこれ。なにしろ「なにもしないこと」をするのです。しかも、なにも考えてはいけません。ヴィパッサナ瞑想の場合は「今」を感じ続けるだけ。

「今」から少しでも意識が離れたら、また意識を「今」に持ってくる。この繰り返しは筋トレそのものです。

瞑想はやったことない人には難しいので、正しく訓練することをオススメします。わたしはしました。

4. 作業を小さい単位に分けて集中する

のんびり訓練なんかしてられない。今すぐ集中力がほしい! という人には鍛えながら、すぐに効果を感じられる方法を。

例えば5時間かかる作業があるとしましょう。それをなんとしても終わらせなくてはならない、と。

そんなときに使う道具は1つ。タイマーだけです。

タイマーを20分くらいにセットして作業を始めます。ルールは簡単。タイマーが鳴るまでは絶対に、脇目も振らずに、作業を進めること。例えば途中で「あ! 鈴木さんにメールするんだった!」とか思いついても、絶対にメールに手は出さない。火事が起きても20分は逃げないくらいの意気込みでやってください。

(注)火事が起きたら逃げましょう

どうしても不安なら、手元に捨て紙でも置いておいて、思いついちゃった「他のやりたいこと=雑念」は書き出すことだけ許可します。

思いついたことをメモるために、別のアプリを立ち上げるとか、そういうのはやめましょう。気がそれる時間は最小限に。事前に用意した紙に単語ひとつ書く程度にとどめるべきです。

わたしがこれをやるときは、それこそトイレくらいは我慢し続けます。喉が渇いても、腹が減っても、寒くても、熱くても、作業に没頭する。その覚悟が大切です。

で、20分たったら、トイレに行ったり、コーヒーを淹れたりして、またタイマーをセットしてスタート。どうしてもやらなくちゃいけない急な仕事は、タイマーが切れているときにやります。

それだけ?

どれも結局「時間を決めて、その時間は集中する」だけです。

「それだけ? もっと効果的な方法ないの?」

なんて思う人もいるでしょうが、筋トレがそうであるように、集中力の訓練も地道な努力の積み重ね。かっこいい筋トレがないように、かっこいい集中力トレーニングもないのです。

どの訓練にも言えることですが、無理なく達成できるようになったら時間を延ばします。20分読書するのが楽勝なら、30分に。勉強も瞑想も同じです。

わたしも集中力が切れるときは、タイマーをセットして作業をします。45分くらいを目安にしていますね。

やってみると分かるのですが、時間を決め取り組んで、それがうまくいくと気持ちがいいんです。その気持ちよさに気付くと、不思議と無理なく長い時間集中できるようになります。

集中力を鍛える方法をご存じの方がいたら教えてください。

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

One thought on “集中力とは脳の筋肉だ 集中力を鍛える4つの筋トレ

  1. Pingback:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です