100%仕事人間でもワーク・ライフ・バランスはとれる 本当のバランスとは何か

ワーク・ライフ・バランスって「仕事と遊びを半々にこなす」という風潮に対して、あえて反論します。100%仕事人間も実はワーク・ライフ・バランスが取れているかもしれないのです。

ワーク・ライフ・バランスは仕事と遊びの調和?

a1180_008712

ワーク・ライフ・バランスって……

仕事と遊びを半々にこなす

みたいな意味で使っている人が多いような気がします。「遊び」と書いてあるところを「プライベート」や「家族」と置き換えてもいい。具体的に言うなら朝から晩まで仕事をしている “仕事人間” はワーク・ライフ・バランスが取れていないと言われてしまう風潮があると思っています。

でも本当にそうなのでしょうか?

ワーク・ライフ・バランスの本当の意味

a0055_000853

こんな言葉もWikipediaに乗っているんですね。

ワーク・ライフ・バランス(英: work–life balance)とは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す
出典:ワーク・ライフ・バランス - Wikipedia

この説明は凄く正しいと思うんです。この中で大事なところを抜粋すると

人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる

という部分でしょう。さらに抜粋すると「生き方を選択」という部分が1番大事だと思います。先ほどの仕事人間を例に挙げて見てみましょう。

もし本人が望まないカタチで仕事人間になってしまっているなら「ワーク・ライフ・バランスは取れていない」と言えるでしょう。しかし、本人が望んだ結果そうなっているのなら、それは「100%仕事に打ち込むというワーク・ライフ・バランスが取れている」と言えるのです。

本当のワーク・ライフ・バランス

a1640_000067

考えてみてください。脱サラして「起業したい」と決意したとしましょう。

起業して最初の数年は、朝から晩まで働きづめ、家に帰っても仕事のことが頭から離れず、仕事が1件取れれば喜び、1件失えば頭を抱えるような日々になると思います。他人からは「家族を蔑ろにした人=ワーク・ライフ・バランスが取れていない人」だと見られるかもしれませんが、家族との了承が取れているのなら、それでいいのだと思うのです。

ちゃんと家族と話し合って「日曜日の夕食だけは家族を最優先する」などというカタチでバランスを取るのもいいでしょう。「いや、今は仕事に100%打ち込んで、会社が安定したら、改めて家族の時間を作る」と約束するのもいいでしょう。つまり100%仕事に打ち込むというバランスもある、ということです。

本当のワーク・ライフ・バランスというのは他人から計れる物ではないのです。

今の自分が忙しいのは自分が望んだからなのか? あるいは誰かに押しつけられているのか? そして家族や恋人との了承は取れているのか? そういうことが大切です。

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です