ステキな雑談をしよう 好きなものを語るとき、嫌いな物の嫌いな理由まで語っちゃっていませんか?

雑談で、自分が好きなものを語るとき、好きじゃないものを全否定しちゃってないですか? 自分が嫌いなもの=相手が好きなものかもしれません。相手が楽しく雑談できるようにするのも、楽しい雑談のコツです。

好きなものを語るときにやってしまいがちなこと

自分は好きなものを語っているつもりが、相手の好きなものを否定しちゃっていたりして……。そうすると聞いている方はこんな気分……。

例えば誰かに「好きな車は?」と聞かれて、こんな答え方しちゃってないですか?

四駆のオフロード車がいいね。できればちょっと小ぶりのやつ。ほらアメ車みたいにでかい車とか、日本の狭い道じゃ無意味でしょ。あんなの喜んで乗ってるのってバカだよね。スポーツカーなんかもさ、レースでもするならともかく、日本じゃ時速100kmしか出せないのにアホでしょ

「好きなバイクは?」という質問に対して

「男ならカワサキでしょ。ヤマハとかホンダはナンパすぎ。あんなの女子供が乗るもんでしょ。かといってハーレーなんか、あんな排気量いらないでしょ。無意味にでかくてね……

「朝ごはんはなにを食べる?」という質問に対して

そりゃ、米だよ。パンとかありえない。戦後急に入ってきて、アメリカから押しつけられたようなもん喜んで食べるなんてね……

どれもわざとちょっと攻撃的な書き方をしていますが、実はよく聞く論調です。自分が好きなものを語るために、わざわざ “その他” を全否定しちゃっています。自分が好きなものを正当化するために、他を下げる必要があると思っているんですね。

聞いている方は自分が好きなものを否定されて “怒られている気分” だったり、“つまらなくなっちゃったり” します。お互いそんなこと望んでないはずです。

これやられると会話が弾まない

「で、君は何が好きなの?」と話を振られても、すでに相手に「否定され続けておもしろくない」

こういう論調で話されると不愉快なのはもちろんですが、会話が弾まないんです。相手がよっぽど気心知れていて、軽いノリで喧嘩できる相手なら「いやいや、カワサキなんて男臭いんだよ、スマートにホンダだろ」とか、同じノリで返せます。しかし微妙に気を使う相手だったり、まだそこまで心を開いていない相手だと「(うわー、それ言われちゃ、ハーレーが好きとは言えないなァ)」と困ってしまい、挙げ句「そうですね」と返して会話は終了……。

相手は同意してもらって嬉しいのかもしれないけど、まったく会話が盛り上がらない。

これ、正直なところ自分にも身に覚えがあるのです。決して悪意があって言っているわけではなくて、ただ自分が好きなものをとことん好きだと語りたくて、口が滑っているだけなんですね。悪意がなくても、相手に悪意だととられてしまう、お互い損しかしない会話です。

好きなものだけ語ろう

好きなものの、好きな理由だけ語り合えば、お互い「ぼくはね」「わたしはね」と語り合うことができる。

対策として、できるだけ好きなものだけ語るようにしましょう。

「どんな車が好きなの?」という質問なら

四駆のオフロード車がいいね。できればちょっと小ぶりのやつ。ほら俺アウトドアが好きで、スキーとかよく行くから、やっぱり雪道が快適に走れてたっぷり荷物を詰めるのがいいんだよ

「好きなバイクは?」という質問なら

カワサキでしょ。やっぱあの古き良き王道のカタチとカワサキグリーンがたまらないし、中学校の時に読んだ○○ってマンガに影響受けてさ

「朝ごはんはなにを食べる?」という質問なら

そりゃ、米でしょ。やっぱり食べ慣れてて落ち着くんだよね。味噌汁と米さえあれば、あとは何もいらないよ。特に新潟産の米はやっぱり小さい頃から食べ慣れてて、東京に来た今はそれだけでご馳走に感じるんだ

こういう論調なら話している相手も「いや、俺はスポーツカーが好きでさ」とか「おれはヤマハが好みなんだよね」とか「忙しいから朝はもっぱらパンだよ」と自分の意見を言いやすくなります。

別に好みを相手に押しつけるのが目的じゃないのだから、好きなものを語るときは “好きなものについてのみ語る” ようにした方がいいです。自分がどれだけそれを好きかを語るようにして、好きじゃないその他の物はソッとしておく。他の人は好きかもしれませんからね。

摩擦を恐れているわけじゃない

なにも「空気を読んで無難な会話をしよう」と言っているわけではありません。むしろ好きなものについてはいくら語ってもいいし、それが相手の同意を得られなくてもいい。

お互いが好きなものを語り合う方が楽しいですもん。雑談ですからね。

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です