大好きなKindleに苦言を呈す すぐにでも改善してほしい4つの機能

Amazonには凄く感謝しています。こうして世界を旅していて、日本語の本を自由に読めるのは本当にAmazon Kindleのおかげです。しかも端末は持っていないのに、スマホ(iOS)のKindleアプリで読めるのです。こんなありがたいことはありません。だけどね、スマホのKindleアプリってひどすぎやしませんか?

iOSのKindleは読書家向けとは思えない

(これから話すKindleアプリはすべてiOSのアプリについてです)

かれこれ2年近くKindleを使ってきました。入っている本は300冊ほど(決して多くないですが、ここから増えていくのが不安です)。毎日のようにKindleを利用しているわけで、グチが溜まってきました。

はっきり言います。現状のKindleは読書家向けとは思えないのです。「真の読書家は紙の本を買う」という意見もあるかもしれませんが、そうはいかないケースもありますし、電子書籍は電子書籍で慣れれば便利なものなのです。

弱小ブログではありますが、いつかAmazonの開発陣が改善してくれることを祈って、書いてみたいと思います。
(ちなみにAppstoreのレビューでも一部書いていますが、改善されないので)

さぁ、さっそく書いていきます。

1. 開くたびに読み込み直さないでくれ!

たかが1秒くらいではありますが、本を読んでいるときに別のアプリに移動して、戻ってくると画面が消えて読み込み直しが発生します。これがものすごいストレスです。本を読んでいるときにアプリを行き来することは少なくありません。たとえば

  • 別アプリの辞書を見たいとき
  • メモを取るためのメモアプリに行きたいとき

など。そのたびにクルクルクルクル、クルクルクルクルと読み込みが発生するのはなぜなのでしょうか? ただ何もしないでいてくれればいいのです。前に表示していた画面を、ただ何もせず表示しておいてくれれば!

ついでに言うとね、アプリ内の辞書を開いて、閉じるだけでクルクルクルクルと読み込むのはなぜ? なぜなんですか?

2. 未読・既読くらいうまく管理してくれ

もうね、「これくらいうまくやってくれ」と。

ちょっと本を読む人は、いつも未読の本を抱えているもんなんです。紙の本で読んでいるときでも、ちょっと読んでいる本が後半にさしかかると、次に読む本を持っていかないと不安になるくらいなんです。

でね、電子書籍なのにどうして未読・既読の管理ができないのか!? と。たしかに買った本には「New」ってマークが付いています。でも1度でも開こうものならそのマークも消え失せる。目次を見て「今じゃないな」と思っただけでNewが消える。

例えば最後までみたら既読マークが付くとか、最後まで読まなくても手動で既読マークを付けられるとか、できないものなんですか?

しかたないから、コレクションで管理しますが、そうすると本を買った瞬間に「未読」のコレクションに入れ、読み終わったら「既読」に移し、とコツコツ管理することになります。

この管理、たぶん「Kindleで少しまとまった数の本を持つ、全ての人」がやっていると思います。なら機能をつけようよ! で、未読本の一覧くらい表示できるようにしようよ!

3. 最低限、iTunesくらいの管理はしてよ!

電子書籍の大きなメリットのひとつは何千冊でも持ち歩けること!! ですよね? 違うんですか? だとしたら、何千冊が入っていても、上手に管理できる機能も付けてくださいよ。

のぺーっと数千冊の本が並んでいる画面を見て、どうすりゃいいの? いや、仕方ないからコレクションで整理してますよ。小説とそれ以外を分けたり、ハウツー的な本のコレクションを作ったり、英語の本のコレクションを作ったり……。でもね、ある程度は自動化できるでしょ!?

こんなものはゼロから考えなくても、iTunesの管理方法を参考にすれば、最低限のレベルは達成できると思うんですよ。

iTunesだって自動でジャズ・ポップ・ロック・クラシックってな具合に、ざっくりわけてくれるでしょ。それと同じように、政治・経済・自然科学・文学・あれこれと分けられるでしょ? 

日本の十進分類法(でしたっけ?)をベースにしてくれると、個人的には嬉しいけど、海外の流儀があるならそれでもよし。ざっくり分けてくれれば、こだわる人はそこから直せばいいんだし、こだわらない人はそのままでOK。

既読未読の管理と、ジャンルの管理機能さえあれば、「未読の政治本」とか1発で探せるでしょ。友だちに「いい小説ない?」って聞かれたときに「既読の文芸本」を眺めて、その場で見せられるでしょ?

4. いい加減、Kindleから買わせてよ

これはね、わたしのためと言うよりも、Amazonさんのためなんですよ。いや、やっぱり自分のためでした……。

もういい加減、Kindleアプリから購入できるようにしましょうよ。

ユースケースで言うと……

  • 読了後の「他の人はこんなの読んでます」を購入する
  • 「この著者の別の本」を購入する

あたりは超基本で、明日にでもリリースすべきでしょ。他にも

  • セール品の表示 → 購入
  • 本の検索 → 購入
  • ダウンロードしたサンプルを気に入ったら購入

あたりは明後日くらいにはリリースしてほしい機能です。さらに言えば

  • 友だちに「この本いいよ」と勧めて、友だちがワンクリックでサンプルダウンロード or 購入できる機能

なんかもいいよね(これは希望です)。実際、読み終わったときに「この本はあの人が気に入ってくれそう」とか思うわけです。で、今だとメールで送ったりするのですが、ここでKindle間でサンプルくらい送れたら、と思うんですよ。受け取る方も立ち読み気分で最初だけ読んで、気に入ったらその場で購入することができる、と。

Kindle大好きです!

これだけ文句言いながらも、毎日毎日、朝昼晩と開いて読んでいます。

結局、Kindleにはすごく助かっているんです。ありがたいんです。いくら電子書籍は品数がまだ少ない、といわれていても、それでもこうして毎日読んでいても、尽きることがないくらいには売られているんです。本当にありがたい!

最初にも書いたとおり、海外を旅しながら本を読めるのは100%Kindleのおかげです。

もっと良いKindleが生まれてきますように!

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です