世界旅小説イタリア編『靴磨きとワイングラスを持ったジョセフィーヌ』

今回発表する小説はイタリアのボローニャが舞台。謎の女性を追う青年のお話です。

靴磨きとワイングラスを持ったジョセフィーヌ』

今度の舞台はイタリアのボローニャ。

イタリア人は誰も彼もが生粋のイタリアっ子。日本にもかつて「てやんでい」と鼻をこすり上げる江戸っ子がいたように、イタリアには口説き口説かれるイタリアっ子がいるのです。

イタリアのいろんな街を旅しましたが、中でもボローニャはイタリア感がダントツ。

ぜひエスプレッソを飲みながら読んでほしいです。

小説のあとには編集後記もあります。この小説を書くに至った出来事や経緯について書きました。

ご覧あれ。

靴磨きとワイングラスを持ったジョセフィーヌ

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です