2016年2月の人気記事《noteとGTDとライフスタイルが人気》

2016年も、もう3月。みなさん着実に新年の目標を達成していますか? わたしは、まぁ、そうですね。まあまあです。さて、2月の人気記事を紹介していきます。

1

2月はnote関連の記事、GTDの記事、そしてライフスタイルや創作に関する記事でした。noteは今年に入ってから盛り上がっている話題なので予想通り。GTD系は検索での流入が多いですね。ライフスタイル・創作の記事はTwitterで多くシェアされたので、そこでアクセス数が増えたようです。

さっそく見ていきましょう。

5位 せっかく自由なnoteなんだからイケダハヤト塾に行くよりも創作しようよ

1

noteで創作する人よりも、ハウツーを追っている人が多い気がして書いた記事です。今となっては自然と創作している人がnoteに残った印象です。

4位 悔しいけどイケダハヤト氏はnoteでうまくやってるよな

2

イケダハヤト氏がnoteで読者を集め、メディアとしての基盤を作ってから、作りたかったコンテンツを作っていく。その手際の良さを書いた記事です。note系の記事は注目度が高かったですね。

3位 環境が変わったときに夫婦でGTDをやったらうまくいった話

1

わたしのブログでは時期問わず人気があるのがGTD系の記事です。やっぱり興味がある人が多いのでしょう。とはいえ「GTDの基本」みたいな記事は飽和していて、現実的に「GTDで困ったこととか、どのツールを使う」みたいな記事が読まれているようです。

2位これからは収入源をいくつか持つ生き方が熱い

1

わたしが旅を通して得た感覚です。会社員がいいとか、悪いとかではなく、たとえ会社員だとしても(会社が許すなら)複数の収入源を持つことが安定にも繋がるし、結果としてスキルも上がっていく。そういう記事です。

1位 創作をする人は今持ってるネタを全部出し切ってからが勝負

あああ

この記事Twitterでも結構シェアされました。ブログでも、小説でも、漫画でも、イラストレーターでも、本当に難しく、おもしろいのは、今持っているアイディアとか知識を出し切ってからだ、という記事です。大事な考え方だと思います。

2月のまとめ

わたし個人的にはnoteを始めた月です。今でもそうですが、noteに合うコンテンツを模索中。ネームバリューがない自分がどうすれば読んでもらえるか? それがテーマです。

そんな中、始めたのが《原稿用紙1枚で考える》という連載。

横長

noteで魅力だと思うコンテンツって、

安心して読めて(クオリティに不安がなくて)

短くて

著者や創作過程が見えて、

「へぇ」とか「ほぉ」とか「うんうん」と思える暖かいもの

そういうものだと思うんです。でも文章って創作過程が見えづらい。いっそ手書きで書いて、その原稿を見せてしまえ、と思って始めた連載です。

手書きの原稿を読んでいる人がいるかは分かりませんが、そこに原稿があるというのが大事、と思っています。どうでしょうかね? 少しずついい反応をもらえているので、今はコツコツ続ける時期だと思っています。

イケダハヤトさんとか、はあちゅうさんとは違うことをしないとね。

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ