twitter/facebook/note/ブログの使い分けできてる? サイトの特性を活かした企画をしよう

新しいウェブメディアができると、その機能なんかに注目しがちですが、そのメディアが持つユーザ層とか、文化を意識した利用が大事なんだと思うんです。


メディアごとの特性

ネットで情報発信したり、創作物の発表をしようと思っている人は、

『メディア/サイトごとの特性』

をよく考えないといけません。当たり前のことなのに、あんまり考えてない人が多そうだな、と思います。

たとえば紙メディアなら

まず紙メディアで考えてみましょう。

あなたが漫画家だとして、少年ジャンプ(子ども向け)とビッグコミック(大人向け)の連載をもらったら、同じ内容の漫画を書きますか?

絶対違うはずです。少年ジャンプの読者層を見て、何が求められているか考え、その中で「自分らしさ」とか「自分がやりたいこと」を照らし合わせて、書く内容を考える。

一方ビッグコミックも同じ手順を踏んで考えます。最終的にはどちらもあなたの作品だし、あなたの個性が光るものになるンでしょうけど、出来上がるものは違うもの。

当然、メディア毎に違わなくてはいけないんです。

ネットのこと

ネットでもいろんなメディアがあります。

Twitter / Facebook / ブログ / note / Medium / Instagram / Pinterest / etc ...

たとえばnoteとブログなど、技術的には同じことができます。どちらも日記のように、日々のことを書くことができる。

noteとtwitterも同じような使い方ができますね。

だけど明らかにユーザ層も、そのサイトが持つ文化も違うんですね。発信者としてはそれを察知して、発信する内容を考えないと行けない。

「このサイトのユーザ層と、文化/空気の中で、自分なら何ができるだろう?」

そう考えることが大切。ブログの記事をnoteに持っていったり、Twitterでのつぶやきをnoteに書き込んでみてもダメなんです(ここ大事!)。

わたしは文章で食っていく、という決意をしてから自分が発信するメディアに気をつけるようになりました。Twitterに書くときはTwitterで受けるように、ブログで書くときはブログで受けるように、noteならnoteで受けるように……。

小説を書くときとブログを書くときじゃ、文章だって、執筆のプロセスだってまったく別。

すべてうまくいっているとは言いませんが、少なくとも努力しています。

企画力

昨日書いた「人じゃなくて企画をフォローするとネットはずっとおもしろくなる」の記事を発信者側から見ていきましょう。

昨日は読者側の視点から書きました。「ひと」をフォローするより、「企画」をフォローした方がおもしろいゾ、と書いたわけです。

同じことを発信者側から考えることも大切です。

「おもしろい企画を発信しないといけない」いうことですね。

twitterで自分なら何ができるか?

ブログなら何ができるか? noteなら何ができるか?

各メディアでどんな企画をやれるか?

それを考えるのが発信者側の仕事です。正直、わたしは最近まで「企画」をあまり考えてきませんでした。ひとつひとつの記事に対しておもしろくすることは考えていましたが、メディア毎に企画を考え、続けていくという発想が弱かった。

みんなと同じように書いていればいいだろう、と思っていましたが、それじゃ絶対に埋もれる。何かみんなと違うこと、少なくとも自分じゃないとできないこと、を考えないといけないわけです。

メディアを活かした企画、あなたはできていますか? 模索していきましょう。

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

One thought on “twitter/facebook/note/ブログの使い分けできてる? サイトの特性を活かした企画をしよう

  1. Pingback:

Comments are closed.