変化し続ける、という言葉の本当の意味《縦の変化と横の変化》

わたしが憧れるのは同じことをコツコツやれる人。そういう人に私はなりたい。変わることはいいことだけど、変わり方にはこだわりたい。他人から見ても変わってないと思うかもしれないけど、わたしは変わり続けてる。

多才な人になんかなりたくない

わたしは比較的「なんでも器用に、そこそこやれる人」です。

まあまあ勉強もできましたし、まあまあ運動もできます。

楽器(ベース)もまあまあちゃんと弾けます。社会人としてのマナーも、言葉遣いもまあまあ。

ファッションだって、ちゃんとした場面ではまあまあな格好で行けるし、写真だって撮ればまあまあに撮れます。

まあまあ、まあまあ、の積み重ねがわたしです。

そしてそのどれもこれもが「まあまあの域」を出ない。

尖った人に憧れる。

本当は「なんでも器用」な人の真逆な人に憧れます。あれもこれも、全然ダメだけど、なにか1つは超人的にすごい人。

運動も勉強もダメ。簡単な仕事もミスばかり。だけど、絵を描いているときだけはキラキラ輝くような、そういう人が好きです。

そういう人になりたくて、小説を書いていると言ってもいい。

コツコツやるしかない

その「なにか1つで輝く人」になるには、1つのことをコツコツ続けることしかない。

例えば「マンホール写真1000枚を目指すブログ」を見てください。いや、タイトルを見ただけでわかる。この尖りっぷりと、このコツコツっぷり。

マンホールの写真だってたくさん撮ればコンテンツになる。突き詰めれば遊びや趣味になる。

noteで毎日毎日、空の写真をアップしている人がいる。

毎日曲をアップする人。

毎日短編小説をアップする人。

そういうコツコツとした活動をしている人が大好きです。そういう人になりたい。

わたしは文章を書くことが好きです。小説を書くのが1番好きだけど、こうしてブログを書くことも、コラムを書くことも好き。

noteでやってる《原稿用紙1枚で考える》という連載も、そういう自分への挑戦なんです。やり続ければ価値が出る。そう信じています。

変化がない?

「同じことをコツコツやる」というと、"変化がない” と捉える人もいるかもしれないですが、わたしはまったくそう思いません。

世間じゃ「変わり続けないと……」と言いながら、表面的な変化を追い求めている人が多いこと多いこと。ころころ方針を変え、ころころ意見を変える。それは良い変化じゃない。

毎日毎日リンゴを描き続けるんでもいいんです。他人には同じリンゴに見えるかもしれない。だけど、描いているアナタにはすべてのリンゴが違うはずだ。昨日のリンゴよりも今日のリンゴの方がいい。同じ赤でも、きっとまったく違う赤になる。

日々の変化は確かに小さい。しかし10年後、誰かが言う「だれだ!? このすごいリンゴを描いたのは!?」と。

0.1の変化でも、1000回繰り返せば100の変化になる。1だったリンゴは101になる。それは究極のリンゴになる。

なんでも器用な人、というのは、いろんなことを10くらいのレベルで満足してしまう。10が11になり、15にはなるかもしれないが、その頃には別のことを始めて、また次の10を達成する。

「変化しなきゃ」という言葉と共に、10から20くらいのものを量産してしまう。

いつまでたっても100にならない。

そこに到達するには “コツコツ” しかない。

上っ面の変化よりも、他人からは同じに見えるような、些細な変化を大事にしたいんです。

縦の変化と横の変化

昨日までスキーをやっていて、それをスノボに変えれば、誰から見ても大きな変化。

昨日まで写真ブログだったのに、論説ブログにすればそれも変化。

だけど、そういう変化と「リンゴを描き続けること」では得られる変化はまったく違う。

わたしは縦の変化と横の変化と呼んでいます。

同じことを続けて成長していくのが縦の変化。ジャンルを変えて、別のことをやるのが横の変化。

「変化し続けなきゃ」というのは縦の変化をさしていなきゃいけないんです。

横の変化は意味がない。

唯一の例外は縦の変化のために横の変化をやるとき。

「技術者」がよき経営者になるために「営業」にチャレンジしてみる、とか。

縦の変化、してますか?

横の変化は目に見えやすい。それに対して、縦の変化は他人からは見えないことが多い。だから心が折れやすいんだけど、一流の人は、そういう他人から見えない小さな縦の変化を続けているんです。

わたしも小さな縦の変化をし続けたいと思います。

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

One thought on “変化し続ける、という言葉の本当の意味《縦の変化と横の変化》

  1. Pingback:

Comments are closed.