人生に悩む妻にGTDを教えたらどうなるか? 挑戦と成果の大長編!

ある日、妻は悩んでいました。「なんかやるべきことをやれていない気がする……」と。そんな妻を説得し、GTDを試してもらったところ、なかなかいい成果が出たと思うのです。その挑戦と結果を大長編でご紹介。

妻が不安になっていた

現在、わたしたち夫婦はフリーで仕事をしていきたいと、アレコレ悪戦苦闘の日々です。収入が出てくるものもあれば、思ったよりも出ないものがあったり……。

最初からすべてうまくいくわけではないし、この悪戦苦闘も含めて予定通り、と思ってはいるのですが、妻は不安でした。

1日を終え、夕飯を食べても悶々とする。

「どうしたの?」
「これやってて意味あるのかなァ」
「どうして?」
「なんかもっと大事なことがあるような気がして……」

いろいろ話をしてわかったのは「なんとなく不安」という感覚……。わかります。いろんなことにチャレンジしていて、すべてで成果が出ているわけではない(まだ成果が出るのは先のこと)。

「今日は○○で1日使っちゃったけど、それで良かったのかなァ」
「じゃ、なにをやっていれば良かったと思う?」
「わからないけど……」

《The GTDが必要な人》に見えました。

「じゃぁ、明日の朝からGTDをやってみよう」
「ええ……、めんどくさそう……」
「でも、このままじゃ悶々とし続けるよ」
「わかった……」

GTDの概念くらいは教えてあったので、少しは興味はあったみたいだ。

翌朝、GTDキックオフ

朝起きて、朝食を終える。

「さぁ、やってみようか。手帳を持ってきて」

ノートの後ろのほうをGTD用に使う。インボックス/プロジェクト/次にやること/連絡待ち/いつかやる/Doneと6つのセクションを確保する。

参考:GTDを手帳と付箋で運用してみたら思った以上に良かった件

収集!

「とにかく気になることを書き出してみよう。迷ったら書く! 欲しいものとか、やりたいこととか、嫌だなって思うこととか」
「わかった」

20分ほどして「終わった」と言います。

「今度友だちと会うって言ってたけど、その日付とか待ち合わせって決まってる?」
「そういうのも書くの?」
「うん。仕事だけじゃなくて、爪を切りたいならそれも書く」
「……めんどくさい」
「こら」
「わかった」

その後、ひと段落したところで、GTDのトリガーリストをわたしが全部読み上げる。

「机の上で気になる物は〜?」
「最近抱えているプロジェクトは〜?」

ってな具合に。これが意外と効果があって「あ、あれがあった!」と気付く物が多かった。

全部で1時間弱。とにかく全部書き出した。100枚はなかったと思うけど、とにかく何十枚と書いた。

「もし、これぜーんぶ終わったらスッキリする?」
「する、かな……」
「ほんと?」
「たぶん……」
「ほんとに?」
「う〜ん、たぶん」

たぶん「全部書き出せたかが不安」なんだろう、と思ったから「今後も思いつくことは全部書き出して、貼っていきな」と伝えた。

GTDのひとつのウリは「すっきり感」だ。だけど、人によってどこで感じるかが違う。この収集のフェーズで感じる人もいれば、処理で感じる人、実際に作業を終えるルーチンのなかで感じる人など、それぞれなんだろう。

処理にも落とし穴が……

GTDのフローに従って処理していきます。

放っておくと、ほとんどが《次にやること》に割り振られていくようです。

そりゃそうですね。やりたいと思っていることを書き出しているんですから……。しかしこのままだと全部が《次にやること》になってしまいそうなので、軌道修正します。

「《次にやること》の目安は直近1〜2週間でやることにしよう。それより先になるようなことは《いつかやること》に置いておけばいい」
「わかった」

もうひとつ気になるのは、《プロジェクト》が少ないこと。そこでプロジェクトについて再度説明します。

「《プロジェクト》ってのは、会社で言うプロジェクトとは違くて、いくつかのタスクで成り立っているタスクのことを指すんだ。だから1アクションで終わらない物は全部《プロジェクト》に入れるんだよ」
「そしたら、全部《プロジェクト》になっちゃうかもしれないよ」
「それでもいいよ。例えば「ご近所さんのためにカステラを作る」ってのがあるけど、材料は揃ってる?」
「揃ってない」
「じゃあ、『買い出し』しなくちゃいけないね」
「たしかに」
「で、買うものは分かってる?」
「大体……、でも確認しないと……」
「ということは『買うものを調べる』ってのが最初の1歩かな?」
「うん」
「じゃ『ご近所さんのためにカステラを作る』は《プロジェクト》。で《次にやること》に『カステラの材料を調べる』を入れておこう」

《次にやること》に入るタスクはできる限り動詞で終わること。それが大事。

〜〜に電話をする

〜〜について調べる

〜〜について書き出す

〜〜を作る

みたいな感じ。で、プロジェクトをどこまで分解するかは人それぞれだけど、一気に終わらない物は分けておかないと、いつまで経ってもタスクが消えなくなる。

前述の「ご近所さんのためにカステラを作る」というのは、少なくとも『買い出し』と『調理』にわけておくことで、『今日は買い出しだけ』っていう風に、少しずつ進めていくということができるようになる。

GTDを運用!

妻には、『毎日、GTDで作ったタスクに目を通して、今日と同じように処理していくように』と伝えた。

どうなることやら……。

そして一週間……。

妻のブログにこんな記事が投稿されていた。

夫が伝授したがるGTDとやらをやってみた

(夫は)GTD歴7年だそうで。若干引くレベルでまめ〜にタスク管理をコツコツしています。

引かれてた! 笑

気を取り直して、妻のブログを読んでみると、こんな課題があったようだ……

  • 「やんなきゃ」と思うことが多すぎて、書くのが追いつかない
  • 《次にやること》がプロジェクト毎に別れていないのが違和感
  • 山のようなポストイットに圧倒される

「あるある」と思わず頷く。これって、誰もが通る道。なんか手助けがいるかな〜、と読み進めていくと、自分なりに改善しているようだ。

その中で、自分も無意識にやっているのが「同じ or 近いプロジェクトにあるタスクは近くに貼っておく」というもの。

これ、実はポストイットでGTDをやる究極のメリットかもしれない。

アプリやサービスでやろうとすると、きっちり管理して「同じグループに入れておく」みたいにしなくちゃいけないんだけど、ポストイットなら「なんとなく寄せておく」という曖昧な管理ができる。

これいいことに気が付いたよ、妻よ。

さらに1週間……

悩みつつ、ちゃんとGTDを続けていたようだ。こんな記事がブログに投稿されていた。

夫が勧めるGTD、やっとつかめてきた!

生産性がワタシの300%くらいの夫が勧めてきたのがGTDでした

こんどは褒められていた。よかった……。

さて、彼女はふたつの大きな気付きに至りました。ひとつ目は……

(モチベーションを高めるには)インセンティブを作ることに尽きます。タスクをどんどんこなしたくなる「ニンジン」を鼻の先にぶら下げることで生産性は上がるし、GTDが楽しくてしょうがなくなってきます。

> この場合のニンジンはタスクを細かく分け、完了した瞬間にそのタスクが書かれたポストイットをピッと「Action」から剥がして「Done」に張り直す。その瞬間が結構快感で次から次にやりたくなるのです。

これぞGTDの醍醐味ですね。GTDの気持ちよさって、「ぜーんぶ書き出して、ガリガリ終わらせていく」ということに尽きると思うのです。妻はそれを実感したみたい。

もうひとつ驚きの発見が。

例えば会社で「部長になるのが夢」だとしたら、何歳までに部下を持って、何歳までにリーダーになって、何歳までに……そのためには……さらにそのためには……、と小さく小さく目標をブレイクダウンします。

これ、GTDを長くやっている人でも見逃しがちな考えです。ウェブで語られているGTDって、ひたすらボトムアップ的なアプローチなんです。ちゃんと本を読めば分かるのですが、じつはトップダウン的なアプローチも重要。

それにちゃんと気付いて実践していました。エライ!

妻は正直だからおもしろい

こうやって妻がGTDやってるのを見ていると、反応が正直でおもしろい。

「なんか、ポストイットばっかりでグッタリする……」

みたいに思うことってあると思うんです。GTDをやればストレスゼロと言いたいところですが、やっぱり苦労もあるんですよね。それを乗り越えることで、大きなストレスは改善される、のだと思います。

みなさんもチャレンジしてみては?

妻の仕事術を今後も取材していこうと思います。


Also published on Medium.

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ