趣味の雑誌も妻にばれずに買い溜められる! Kindleで買える趣味の雑誌たち

趣味の雑誌を買い漁っていて奥さん・旦那さんに「またそんなもの買って……」なんて言われたことありませんか? Kindleで買えばコソッと買えるし、紙で買うよりも安上がり。しかもいつでも読める特典付き。

趣味の雑誌って至福のとき

私だけじゃないと思うんですが、何かを好きになると、その分野の雑誌を読みあさりたくなります。

バイクを買おうとしていたとき(と、買ったあと)はバイク系の雑誌を読みあさってましたし、将棋にハマれば将棋雑誌、カメラにはまればカメラ雑誌……ってな具合に。

趣味の雑誌が何でおもしろいかって、日頃はスポットライトがあたらない物にパチンと光を当ててくれたり、いろんな角度から記事を書いてくれることにあるんだと思います。

例えば自転車の雑誌なら「メーカー視点」「ユーザー視点」「大会運営者視点」「ショップ視点」などなど。多角的なんですよね。

でもかさばる……

でもやっぱり雑誌ってかさばります。

本当は本棚に趣味の雑誌がバーーっと並んでいる状態って好きなんです。趣味に囲まれている気がして……。でも本棚だって限りあるスペース。捨てる? 売る? 段ボールに入れてとっておく?

なんか寂しいんですよね。趣味の雑誌を捨てるのって……。

そこでKindleが便利。買ってもかさばらず、奥さん・旦那さんに「またそんな雑誌買って……」なんて小言を言われずに買うことができますよ。

Kindleで買える趣味の雑誌をご紹介します!

趣味の文具箱

文具好きには超有名な雑誌ですね。わたしも万年筆が好きなので、時々買ってしまう雑誌のひとつです。

写真がきれいで、超マニアックな分析(万年筆のインク分析とか)なんかが載っていて、雑誌を見てなきゃわからない情報があるんだな、と痛感したものです。

CLUB HARLEY

ハーレー好きには有名ですね。ハーレー雑誌は思いっきり不良感を前面に出した雑誌と、スタイリッシュに都会的な雰囲気を出そうとしている雑誌がありますが、クラブハーレーは後者です。

初心者向けの記事も豊富。基礎的なメンテナンスはもちろん、初心者から1歩踏み込んだ、中級的なメンテナンス方法なんかも初心者視点で書かれているので、周りにハーレー仲間がいない人はいい情報源になるだろうと思います。

将棋世界

まわりに将棋仲間がいない人にとってはいい「将棋欲冷まし」でしょう。

「あああ、将棋のことを読みたい」

と思ったときに手にする雑誌です。

わたしも棋譜を読むのは遅いですし、プロの名前を熟知しているわけでもないですし、将棋の戦略について熟知しているわけでもないので、どうしてもわからないまま読み進めるという感じですが、じっくり読んでいると、将棋欲を満たしてくれるものです。

分厚い雑誌でもあるので、タブレットで持ち運びも快適!

BiCYCLE CLUB

ロードバイクマガジンです。ロードバイクの世界は自転車用品、ウェア、小物など、改善されてはドンドン新作が発売されます。

わたしはそれらを買いあさるほどの物欲はないのですが、それでも「へぇ、そんなものがあるんだ」と思いながら読むのが好きな雑誌です。

デジタルカメラマガジン

写真を撮るのが好きな人ならわかるでしょうけど、人の写真を見ているのも楽しい物です。

しかも撮影した人の設定(シャッタースピード、絞り値など)を見ることができたり、その1枚をとるに至ったストーリーなんかが読めれば、涎が出るというもの。

Kindleで読めば、過去の雑誌も貯めておけるので、去年の春の記事なんかを掘り返すことも簡単です。

ほら、「桜をキレイにとるにはどうしたらいいんだろう?」なんて思うことあるでしょう? 1年分Kindleで買い溜める頃には、かなり役立つデータベースになることでしょう。

Lightning

名前は知っているけど、いったい何の雑誌なんだろう? と思っている人も多いのでは? 

この雑誌はもともと所ジョージの趣味の世界を雑誌化したもので、いまは所ジョージは離れ、アメリカの不良カルチャーを幅広く発信しています。

バイクの特集のときもあれば、車のときもあれば、リフォーム、車庫、ファッション……、とあれこれやっているけど、どれもアメリカンな空気が漂っていて、ワクワクするものばかり。

これぞ「なーんとなく、だーらだら読んでいて楽しい雑誌」だとわたしは思うのです。

お気に入りの雑誌がありましたか?

いかがでしたか? 趣味に合う雑誌はありましたか?

Kindleで雑誌を読むのは本当にオススメなんです。わたしも小説や勉強のための書籍は紙が好きではあるのですが、雑誌に関しては、よっぽど保存版的な雑誌でない限り、そしてKindleで売っている限り、Kindleで買っていこうと決めました。

みなさんのお気に入りの雑誌がありましたら、教えてください。

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ