自分探しは内面に向かう行為ではなく、必死で発信し続けた先にあるもの

自分探しって、のんびりじっくりやるものだったり、どこかから自然と降りてくるなんて思っている人いませんか? そんなキレイなものじゃないですよ。汗かいて、頭を掻きむしりながらやるもんなんです。

「自分探しの途中です!」なんて楽しそうに言っている人を見ると、靴屋で歯ブラシ探している人ぐらい、滑稽だな、って思います。


自分探しって?!

「自分探し」って言葉を聞いてどう感じますか?

どういう行為を指すように思いますか?

旅に出る? 本を読む?

なんにせよ、「内面を掘り下げる」とか「自分の本当にやりたいことを発見する」みたいないことを「自分探し」と呼んでいると思います。

自分探しという言葉こそ使いませんが、わたしだって「自分が本当にやりたいことってなんだろう?」とか「自分にできることってなんだろう?」みたいないことを考えます。

そういうときになにをするか?

それがこの記事の主題です。

掘り下げることは発信すること

自分の内面を掘り下げるとか、やりたいことを自分で発見することっていう、自分の内面に向かう行為から「自分の発見」って多分無理だと思う。誤解を恐れずに言うなら、不可能、なんじゃないかな。

そこに自分なんてないから。

ウソだと思うなら、試しに自分を掘り下げてみてください。黙って、ジーッと、自分に問い続けてください。

「お前は何がしたい」「なにが使命なんだ?」

……って。たぶん、そう簡単に答えは出ない。

唯一、答えが出るかもしれない人は、本当に “自分” という人に、第三者的に問うことができた人だけ。

「お前はなにがしたいんだ?」
「う〜んと、例えば……」

とまるで他人と喋っているように自問できる人は、もしかしたらできるかもしれない。それはひとつの才能で、その才能ひとつで花開くことができるくらい、力ある才能だと思う。

発信することがキー

ではどうするか?

とにかくがむしゃらにアウトプットすることだと思う。どういう形のアウトプットでもいい。なにも「ブログを書こう」と言っているわけでもないのです。

徹底的に誰かと話し込むのでもいいし、いまやっている仕事に打ち込むんでもいい。アウトプットと言っても芸術家になれと言っているわけじゃない。

なにかをやりこめばいいんです。

時間に追われるくらい、ストレスに感じるくらい、徹底的にやりこむこと。

グラスに水を注ぐように、ジャンジャンと自分に詰め込んでいく。そのうち溢れる。大事な物が溢れないように、いらないものを捨てて、大事な物を残そうとするはず。

自然とグラスの中は『自分』を象徴する何かで満たされる。

それが自分なんです。

たとえばブログ

たとえば、ここがブログだから、ブログで発信するという行為から具体的にイメージしてみます。

ブログの記事を大量に書く。最初の頃は書きたいネタもたくさんあって、気持ちよく発信できるはずです。

とにかくたくさん書く。もっと書く……。そのうちネタが尽きて、苦しくなる。それでも書く。

苦しいながらも発信し続ける。苦し紛れに自分の中からネタを探してみたり、街を歩いてネタを求めるようになる。本を読むかもしれないし、TVを見るかもしれない。

その苦しい中で見つけていく「ネタ」ってのが、たぶん「自分」に繋がっていく。

たとえばわたしであれば、「ネタがないな」と思ったとき、「メディア」とか「創作」系のキーワードにアンテナが向きます。芸能ニュースでもなければ、経済ニュースでもない。

芸能や経済よりもメディアや創作がすきなのが、ひとつの自分です。

たとえば旅

「自分探しの旅」という言葉がありますね。どうして旅をすることが自分探しになるのでしょうか?

先ほどの話では「なにかをやり込め」と言っていましたが、旅は仕事じゃないし……。

短い旅では、たぶんダメです(本当は期間で区切りたいわけではないのですが、あくまで基本的には……)。長い旅をしてみると、疲れてくるし、嫌になることもたくさん出てくる。

見知らぬ宿を泊まり歩くことに疲れるかもしれない。慣れない食べ物に嫌気がさすかもしれない。他人との出会いに消耗するかもしれない。

それでも続く興味が何かあるものです。

「人に会うのはもう嫌だ! でもおもしろいものを食べたい」

とか

「もう観光地は嫌だけど、人には会いたいゾ」

ってな具合に。

自分に旅をさせ続けると、そのうち旅の中から「なにか」を選び取るようになります。その選び取ったなにかが「自分」なんでしょう。

自分探しって超能動的

だから、自分探しって言う行為はすごくすごく能動的な行為なんです。

ギラギラと「やりたいこと」を求め続ける。

のんびりしたモノでもないし、ダラダラしたモノでもない。受け身なんて絶対ダメ。

楽なものでもない。

だって自分を溢れさせて、消耗しきった先に見つかるものだから。

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ