《外食ジャンキー飯》たまに外食で食べたくなるものこそ、あえて自分で作ってみる遊び

「たまには外食して○○を食べたいね」なんて話をすることありませんか? そういう料理こそ、自分で作ってみると遊びになるんですよ。

外食して食べたいものを、あえて作る遊び

料理自体が遊びだと思っていますが、より “遊び感” を増やすために、外食して食べたいものをあえて作る、というのがマイブーム。

ほら、家で作る料理と外で食べる料理って分けて考えてませんか?

たとえばラーメンや寿司。これらは外食で食べるものにカテゴライズされていることが多いと思います。

「いや、わたしは違う」という人もいるでしょう。そんな人でも「これは外食」という料理がなにかあるはず。焼き肉、ステーキ、たこ焼き、お好み焼き、そば、餃子、手打ちうどん、手打ちそば……。

あなたにとっての「外食で食べたいもの」を思い浮かべてください。それをあえてがんばって家で作ってみる。それが遊びです。

最近のわたしの場合「いなり寿司」。

箱根にうまいいなり寿司屋さんが

今、箱根に住んでいますが、おいしいいなり寿司が食べられるお店があるんです。そこのいなり寿司が好きで、「今日は外食」とか「買ってきて家で食べよう」という日は、いつもそれを食べちゃう。で、

お店はここ→かっ平寿司ぶらり途中下車のたびでも紹介されたそうです

そこで「これだ!」と閃きました。

「おいしいいなり寿司を作ろう!」と。

いなり寿司作りの日々

そうと決まれば練習です。

わたしは料理に詳しくないので(ありがたいことにいつも妻が作ってくれています)、ネットでレシピを調べてみます。

超簡単!

油揚げを砂糖醤油で煮詰めて、すし飯作って、入れるだけ。で作ってみる。

自分で作ったから「うまい!」けど、外で食べるやつとはやっぱり違う。

料理って作業だと思うと苦しいけど、遊びだと思うとすごい楽しいです。スノボとかと一緒。「どうやったらもっとうまく滑れるかな〜」ってなもんで、「どうやればもっとおいしくなるんだろう!?」と考えるのが楽しい。

で、あれこれレシピを見比べてみて、

  • 油揚げは出汁醤油で煮詰めた方がうまそう → おいしい出汁の取り方を研究
  • お店のいなり寿司はシャリにいろいろ入れてる → ゴマや生姜が特にうまい!
  • ちょっと大袈裟に甘い方が「外食感」があるかも → 少しだけ甘めに
  • スーパーの油揚げがいまいち → 豆腐屋さんで買ってくる

ってな具合に、改善点を考え、次回に備えます。

で、2度も3度も作ります。写真じゃ違いはわからないけど、こちらは最近作ったもの。

妻が横から味見して「うまい!」とパクパク食べ始めます。

大成功です。

"外食ジャンキー飯” 担当に

妻が日常的なご飯を作ってくれるのですが、「たまに外食したい」という気分の日もあります。外食って「めちゃくちゃうまいものを食いたい」ということもあれば、「ちょっとジャンキーなものを食べたい」ということもあると思います。

前者は無理ですが、後者なら私でもやれる。

そこでわたしは「外食ジャンキー飯」担当になりました。「今日はがっつりアレが食いたい」みたいな日に、それを作ってみる。

妻だってたまには料理を休みたいし、私も楽しいし、普段は比較的健康な和食が中心だから、わたしが作るときはあえてジャンキーなものや洋食を食べるのも悪くない。妻と料理のジャンルを分けたことで、お互いよい息抜きになった気がします。

もし奥様がメインで料理していて、男が料理しないという家庭は、こうやって男に任せる料理のジャンルを分けてみてはいかがでしょうか?

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ