鉄腕DASHの「丼が空になれば旨かった証」って発言は消費者感覚から遠すぎる

TOKIOの鉄腕DASHのラーメン企画で出てきた「丼が空になれば旨かった証」っていう言葉。これってすでに「消費者が見えてない」人の発言なんです。たぶん、この人はもう消費者視点で見ることができなくなっちゃったんだろうな。

鉄腕DASHのラーメン企画

今日、話題にするのは鉄腕DASHという番組の企画。

TOKIOが最高に旨いラーメンを作ろうと、日本中から最高の素材を集めていくってやつで、これが本当に旨そうだし、食べてみたいな、と思わせるに十分な内容。

毎回見ているということではないけど、何度か見ては「おもしろいなぁ」とぼんやり思っていた番組です。

その中で、「あれ? この発言はかなりマズいのでは?」と思う言葉があったのでご紹介します。

丼が空になれば、旨かったという証

わたしが問題だと思う言葉が公式サイトに載っていたので紹介します。

前島氏「食べてすぐ『旨い』って言うのはテレビだけです」
普通のお客さんは、簡単に『旨い』と口に出すことはない。
旨いと思っているお客さんは、もっと噛み締めたくて頷いたり、黙々と食べて、最後には丼を空にする。
つまり、丼が空になれば、旨かったという証
放送内容より

この最後の「丼が空になれば旨かったという証」という言葉です。

これ一見、すごく正しいと思うかもしれませんが、この発言はかなり消費者離れした意見だと思うんです。

旨くないとき、残しますか?

いきなり結論ですが、料理が旨くないとき、残しますか?

庶民は残しませんよ。だって残したら腹が減るじゃないですか。

食えないくらいマズいときは別かもしれませんが、そんなにマズいことはあんまりありません。例えばパクチー食えないのに、パクチー山盛りだったりしたら残すかもしれませんね。

でも「このラーメン屋、あんまりうまくねーな」というときでも、金は払ってしまっているし、腹は減ってるし、黙って食いますよ。で、もう来ない。

番組の中で子どもに食わせるみたいなこともしてましたけどね、そりゃ食いますって。お腹空かせてれば残しませんって。

「旨くなければ残すだろう」って考え方が、すでに一般消費者離れしていて、金持ち感覚の持ち主か、ラーメンオタクかのどちらかだろうと思います。

どっちにせよ、「一般消費者」を語るべき人ではなさそうです。

さらに言えば、旨くても残す

でね、旨くなくても全部食べるのと同時に、旨くても残すときだってありますよ。

「これ最高にうまい! また来たい」

と思いながら、でもスープはお腹いっぱいで飲みきれないなんてよくあることです。

「最近、太ってきたから」といってスープを敬遠する人もいるでしょう。「うまければ健康を度外視しても食べるはず」というのもプロかオタク中心の視点。

どんなにうまくても健康上の不安があれば残す。お腹がいっぱいなら、残す。スープじゃ持ち帰るってわけにもいかないし、仕方ないですよ。

なんだってそうでしょ?

ラーメンじゃなくても、同じだと思いますよ。

小説だってそう。「おもしろければ、寝る間も惜しんで読むはず」なんて考えたら大間違いで、「めちゃめちゃおもしろいけど、眠いから寝る」って極めて普通のことですからね。

「自分のことを愛してくれていれば何でもしてくれる」なんてのも同じでしょう?

「愛してるけど、それはしてやれないよ!」って日常茶飯事です。

そういう視点になっているとき、消費者の視点を忘れて、作り手側の都合に立っていることを疑った方がいいと思います。

ああ、ちなみに鉄腕DASHとか、記事で取りあげたラーメン企画とか、番組としては好きなんです。ただ、あの言葉だけはずいぶん消費者離れしたな、ってガッカリしたってだけです。

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ