《おもてなしとしての民泊》民泊はふたつに分けて考えないと、正しく規制を作ることもできない

民泊というと、問題点を探すことにいっしょうけんめいになるのが現在の報道の流れのようで、旅行者としての喜びとか、泊めてあげる立場の喜びが伝えられることが少ない。この記事では民泊を2つに分けて、規制のあり方を考えてみたい。

旅行者の気持ちが分からない日本人

本来、旅行者向けのサービスは旅行者に喜んでもらうことが目的だ。日本が旅行者をいらないというならそれもひとつだが、現実には躍起になって外国人旅行客を呼び込もうと手を打っている。

TV番組でも民泊の(偏った)問題点ばかりが強調されて、「民泊を上手に使って、外国人に喜んでもらう方法」という点が無視されている。

民泊が目指す先にあるものは「ホテル不足の解消」ではない。それにも気付かず、無意味な番組を作っているテレビ局が多くて呆れる。

「AirBnBの問題点」と言われる点がズレている

AirBnB(以下、民泊)についてのTV番組を見ていると、以下のような点が問題として挙げられている。

  • 騒音問題(旅行者がワーワー騒ぐ)
  • ゴミ出し問題(旅行者がゴミ出しルールを知らないから)
  • 知らない人(旅行者)がマンションをウロウロする問題
  • ホテルと競合する問題

実は、上記に挙げた問題は、“あるひとつの民泊の利用のされ方” を発端としていることに、どれだけの人が気付いているだろう? それに気が付いていれば、規制の方向がまったく違うだろうに、と思う。

民泊のふたつの形

民泊はふたつの種類に分類できる。

  • 《民泊1》家主と同居: 自分の家に泊めてあげて一緒に生活する形
  • 《民泊2》空き家に滞在: 空き家を宿として貸し出す形

前者はつまり、実際に自分が生活している家に外国人を招き入れて、空いている部屋を貸してあげることになる。イメージとしては「友だちが家に泊まりに来た」形だ。

後者はマンションの空き部屋などを、不動産会社のオーナーなどが民泊用の部屋として貸し出す形になる。鍵を渡し、自由に出入りさせ、旅行者が現地の人に会うことはない(鍵の受け渡し程度)。

実は、最初に挙げた問題点というのは、この後者の形から発生していることがほとんどだ。前者であれば、あまり起きない問題なのだ。検証してみる。

《騒音問題》

家主が一緒に生活しているので、近隣住民が寝られないほどうるさければ、家主も寝られない。だから家主が注意する。

もし注意しないとしたら、それは旅行者の問題でも、民泊の問題でもなく、家主の問題である。そういう家主は日本人の友だちを泊めてあげたときもきっとうるさいのだろう。

《ゴミ出し問題》

家主が一緒に住んでいるので、ゴミ出しは家主の仕事である。もはや旅行者と関係ない。

《知らない人(旅行者)がマンションをウロウロする問題》

この問題は前者であっても多かれ少なかれ発生してしまう問題である。しかし家主と一緒に滞在することで、問題は軽減すると考える。理由は

  1. 旅行者にマンションの入館番号などを教える必要がない(毎回、開けてあげれば良い)
  2. マンション内でのルールを旅行者に伝えられる(静かにすること、など)
  3. 大勢がウロウロすることは起きにくい(自分の家に泊めてあげられる人数しか入れない)。空き部屋を貸す方式だと、空き部屋が多い場合、常に不特定多数の外国人が出入りすることになる。

何も知らない外国人がフラフラとマンション内を歩いている、ということは軽減されるだろう。

《ホテルと競合する問題》

家主の家に泊まりたい旅行客の気持ちを考えたことがあるだろうか?

わたしも海外で何度も民泊を利用してきたが、旅行者としてのモチベーションは「現地の人と交流できること」である(もちろん安上がりであることは否定しない)。

この「現地の人との交流」は、ホテルが提供していないサービスである。

ホテルが提供するものは「プライバシーのある滞在空間の提供」だろう。

提供するものが違うのだから、それは競合ではなく、別のサービスである。

民泊特区のアホらしさ

民泊特区として大田区が民泊を可能にした、というのだが、そのルールのアホらしさにはガッカリした。

いくつかルールがあるが、もっとも重要なものは「6泊以上の滞在のみ民泊していい」としている点である。

ここまで読んでくれた人は分かると思うが、規制の方向がまったく間違っているとしか言い様がない。

ホテルとの競合を考えてのルールだろうが、前述の通り、ホテルとは競合してない(少なくとも漫画喫茶とホテルくらいの違いはある)。

そして旅行者の立場で考えてもいない。なぜ滞在期間によって泊まれる宿が違うのだろう? それを旅行者に気持ちよく説明できるのだろうか?

規制するなら空き家の利用

とはいえ、民泊を一切の規制なしで受け入れよ、とは思っていない。

民泊を2段階で捉えるべきなのだ。詳しいルールは専門家が考える必要があるだろうが、方向性はこうあるべきだと思っている。

《民泊1》家主と同居

あまりルールを定めずゆるめにする。

「家主と同居」をどう定義するかが鍵になる。同居とは「玄関・リビング共有」といった定義がいるだろうが、それは詳しい人に任せる。

ルールについては「1組しか泊められない」とか、「宿泊者名簿の作成義務」とか、専門家が考えれば、いろいろ出てくるだろう。できるだけ最低限のルールで抑えるべきだし、申請手続きも難しくすべきではない。

「家主と同居」が守られていれば、問題は起きにくいのは前述の通りである。

《民泊2》空き家に滞在

逆にこちらは堅めのルールを決めていい。

現在の簡易宿泊所(小さな民宿などに適用される)の法律をベースに、落とし所を見つければ良い。

家主がいない分、安全面や近隣住民への配慮などが盛り込まれる必要があるかも知れない。

書類手続きなどがあるのも致し方ない。そもそも空き家をリフォームして貸し出そうというのは、「楽しく交流しよう」というよりも、「新しいビジネス」であるのだから、法律や申請が発生するのは当然だ。

友だちが泊まりに来るのに規制はいらない

“民泊” と言うと、ホテルの延長みたいに捉える人が多いが、わたしはむしろ

「友だちの友だちを有料で泊めてあげる」

という感覚の方が近いと思っている。考えてみて欲しい。あなたの友だちから電話があり

「来月、マイケルっていうカナダ人の友だちが日本に行くんだ。日本の生活を見てみたいって言うから2〜3日泊めてあげてくれないかな? お金は払うって言うからさァ」

と言われれば、泊めてあげたくもなるだろう。

もちろん、この例と民泊が同じだとは言わない。民泊ではサイト上で告知し、営業活動しているのだから、同じではない。だけど、その精神は同じところから出発していると思っている。

友だちを泊めてあげるか? 泊めてあげてから友だちになるか? の違いだ。

だから「《民泊1》家主と同居」という形態の民泊は促進すべきだと思う。これは新しい形の旅であり、日本の「おもてなし」を知ってもらう最高の機会だ。

否定的に捉えず、いかにして旅行者に喜んでもらうか? そういう視点で考えてみて欲しいと思う。

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

One thought on “《おもてなしとしての民泊》民泊はふたつに分けて考えないと、正しく規制を作ることもできない

  1. Pingback:

Comments are closed.