Workawayを活用して専門技術を使う10の方法

これまでWorkawayを旅人視点で紹介することが多かったが、ホストとして使ってもおもしろいサービスだと思う。今回は「Workawayで専門技術を使え」をキーワードに、どんなことをしてもらえるのか考えてみたい。

Workawayをご存じだろうか?

Workawayとは、極めて簡単に言えば、旅人が半日働いてくれる代わりに、ベッドと食事を提供するというサービスだ。詳しくはこちらを見てほしい。

タダで旅ができるだけじゃない。最高に便利なWorkawayについて

ホストの立場から見ると、旅人に空き部屋を貸し出し、3食を共にすることで、その旅人に働いてもらうことができる。

あらゆるスキルにアクセス可能になる

どういうスキルを持った人を呼ぶかはホストが決めることができる。頼みたい仕事に応じて決めればいい。

たとえばわたしの妻が動画撮影したいということから、映像技術者を募集した。するとあれよあれよという間に人が集まり、いまはその中から選んだフランス人を受け入れている。

彼は映像技術者で、撮影と編集に関するプロだ。将来は映画監督になりたいという。

作って欲しい映像について彼と話し合い、いま彼はコツコツと動画を作ってくれている。途中経過を見せてもらったが、自分では絶対に作れないクオリティの動画をサクッと作ってくれた。

彼としては、あまり時間を掛けずに、シンプルなものを作っているとのことだが、素人とプロの違いは歴然だ。

こちらが支払うコストは、ひとり分の食費だけである。

体験してみて思ったが、これは本当に奇跡のような体験だ。もし日本でプロのカメラマンを呼んで、自分のためだけに映像を作ってもらったらいくらかかるだろう?

金額だけが問題ではない。フランス人の彼とは生活を共にしているので、食事をしながら「映像について、こうしたい、ああしたい」と話し合うことができる。つまり同じ釜の飯を食べながらの制作活動なのだ。作りたいものについて深く理解し合いながら、作ってもらうことができる。

たとえばこんなことができる

みなさんも、ぜひWorkawayを活用してみて欲しい。と言われても、何ができるかイメージが湧かない人がいると思う。

わたしが考える、「たとえばこんなことができそう」というアイディアを挙げてみたので、参考にしつつ、あなたのアイディアを膨らませて欲しい。

1. 店鋪や宿の撮影をしてもらう

たとえばあなたが店鋪や宿のオーナーならば、きっと魅力的な写真をサイトに載せたいと考えるだろう。

自分でやろうと、カメラを買い、撮ってみても、素人臭い写真ができあがるのがオチだ。

そこでプロのカメラマンに来てもらって、撮影・加工などをお願いしてみよう。

2. プロフィール撮影系

1と近いが、あなたがフリーランサーなら、プロフィール写真を撮影をしてもらうというのもいいかもしれない。ステキなポートレイトを撮ってもらえば、ソーシャルメディアはもちろん、なんらかのメディア露出するときに使えるだろう。

3. 紹介動画作成

あなたが店鋪オーナーなら店舗の紹介動画、あなたが何かのメーカーなら、その商品の紹介動画を作ってもらうのもアリだ。

たとえばオンラインでクッキーを販売している人は、そのクッキーを作っているシーンなどを織り込んだ、ステキな宣伝動画を作ってYouTubeにアップするのもいい。

4. サイトの立ち上げ

プロのデザイナーにサイトを作ってもらうと結構高い。

そこでサイト作成をお願いしてしまったらどうだろうか? 文章は日本語で書く必要があるので、すべてを任せっきりにはできないが、ステキなデザインのサイトを作ってもらうことが可能だろう。

5. 翻訳

日本にくる外国人旅行客も増えている昨今、メニューやサイトに英語や中国語を足したいという人も多いだろう。

自分で下手な翻訳をするよりも、ネイティブに頼んだ方が気持ちのこもった翻訳できるというもの。

6. スキルの習得

どんなスキルに関しても言えることだが、もし自分で習得したいなら、それを教えてもらうというのもいい。

写真/動画/ポスターの作成などなど、1週間くらい掛けて教えてもらうというのは良い経験になるはず。

7. レコーディング

もしあなたがアマチュアミュージシャンなら、録音を頼むというのもいい。

とはいえ、すべての機材を持ってきてもらうのは無理だろうが、家にある機材を伝えておいて、それらを使って録ってもらうのもいい。

プロなら、同じ機材でもバシッといい録音をしてくれるはずだ。

8. 料理の習得

「フランス料理を学びたい」「スペイン料理を学びたい」という人は、その国から人を招待し、教えてもらうという手もある。

料理人を呼ぶのもひとつだし、「家で日常的に料理する人」を呼ぶのでもいい。

9. 言語の習得

英語・スペイン語・中国語など、どんな言語でも、1番の勉強方法はその国の人と喋ること。

たとえば1日数時間、専属の英語レッスンをしてもらうなんていう贅沢も可能だ。

10. ガーデニング

ガーデニングの知識がある人を呼べば、いままでほったらかしにしていた庭をキレイにしてもらうことも可能だろう。

予算を決めて、自由に庭を作ってもらうのも楽しいかもしれない。

イメージが湧いただろうか?

ここに書いたものだけではなく、アイディア次第ではどんなことをお願いすることもできる。

今回は専門技術を中心に紹介したが、重いものを運ぶとか、薪割りをしてもらうという、肉体労働をお願いすることもできる。

どう活用するかはあなた次第。

わたしは旅人としても、ホストとしてもWorkawayを経験してきた。だからこそ教えられることもあると思うので、知りたいことがあれば気楽に連絡して欲しい。

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ