創作活動で、初心者を越えた瞬間から意識しなければいけない3つのこと

初心者の時期と違い、中級者というのは、成長のスピードが下がったように感じられて辛いもの。その時期を以下に効率よく越えていくかが凄く重要だ。そのために大事な3つのポイントを上げた。

スポーツ・芸術・勉強、なんにでも言える3つだと思うので参考にしてほしい。

練習を絞ることが成長への近道

なにかに取り組んでいて、成長が鈍化するのを感じたことがある人は多いと思う。

スキルの向上というのは、どんな分野であれ、だいたいこうなるものなのだ。

初心者の成長は早い。一気に伸びる。ギターで言えば、

「ドレミが弾けるようになった!」
「入門書に載ってるカエルの歌が弾けるようになった!」
「Cコードが」「Gコードが」「Fコードが弾けるようになった」

と、「できるようになった」という瞬間が次から次へとやってくる。

練習するたびにうまくなる時期だ。

ところが、その初心者の域を抜けた瞬間に成長が鈍化する。それでも懲りずに練習していれば、いつかブレイクスルーがやってきて、ヒョイっと次のステージに上がることができる。

中級以降はこの繰り返しだ。

ブレイクスルーを早める方法

さて、ここで中級以降で追い求めることになるブレイクスルーに早く到達するための3つの方法を書いてみる。

このブレイクスルーへの到達に時間がかかると、飽きたり、嫌になったりしてしまうのだ。だから、小さいブレイクスルーであってもいいから、早く到達することが大切になる。

1. 上手い人を参考にする

初心者のうちはひたすら自分だけを見て練習していてもいい。

しかし中級者以降は「上手い人を参考にする」ということが確実に必要になる。楽器なら人の演奏を見て、小説を書きたいなら上手い人の作品を読む。

そこから盗むことが大切だ。

2. 毎日取り組む

中級者以降の上達というのは「何かを知ること」ではなく「何かを身につけること」だ。

楽器で言えば「えっと、次はドで、その次はミで……」というステージではない。そんなものは当たり前にできて、その先を追求しているわけだ。

また「なめらかに弾く」みたいなことも当たり前に出来いなければいけない。そのためには楽器を弾くという行為が「呼吸をするように」できなくてはいけない。

そこで「毎日弾く」ということが重要になる。

勉強でも同じ。週末に7時間取り組むのではなく。毎日1時間ずつ取り組むべきなのだ。

3. 練習項目を絞る

これが1番大切で、この記事で1番言いたいことだ。

中級者以降の練習は、初心者の頃のように「あれもこれも」ではいけないのだ。

ギターを例にするなら

「複雑なコードもキレイに弾きたい」
「ギターソロをアドリブで弾けるようになりたい」
「バッキングのグルーブ感を増したい」

と欲張ってはいけない。勉強でも同じだ。例えば歴史に取り組んでいるなら

「江戸時代のことも知りたい」
「第二次世界大戦前後のことも知りたい」
「戦国時代のことも知りたい」

とバラバラに興味のベクトルを向けていては、どれもこれもなかなか深まらない。

徹底的に絞らなくてはいけない。絞れば絞るほどブレイクスルーは早くやってくる。

ギターなら「かっこいいギターソロをアドリブで弾きたい」でもまだ広い。

「CメジャースケールのG7-Dm7-C7というコード進行でのギターソロをかっこよく弾く!」

くらいに絞らなくてはいけない。また歴史の勉強なら「第二次世界大戦のことをより深く知りたい」ではまだ広い。

「第二次世界大戦前後の軍部上層部の動きを知りたい」

という程度には絞るべきだ(もっと絞ってもいい!)。

徹底的に絞れば、成長は早い。そしてその狭めた範囲で成長を実感したら、次の目標を決めればいい。

目標の立て方がわからないという人

「うまい目標を立てられない」という人は、2つ問題が考えられる。

  1. うまい人を参考にしていない
  2. まだ中級者じゃない

特に2の可能性が高い。というのも、中級者というのは「自分の足りないところが分かる人」だと思うからだ。

とはいえ、「スランプ」というものもある。そういうときは「うまい人を参考」にして、毎日練習するしかない。

練習は楽しいものだから

実はわたし、練習が大好き。

成長を実感できる瞬間にカタルシスを感じる。

だからできるだけ早くブレイクスルーに到達できるように、こういうことをいつも考えているのだ。

参考になればこれ幸い。では。

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ