【冒頭は2度書く】よい小説の “冒頭” は、1度全体を書き上げないとわからない

小説において “冒頭” というのは超を何個つけてもいいくらい重要だ。その冒頭は結果として2度書かなくてはならないものである。その理由を書いていこう。

小説というのは書き進めると、作者が思わぬ方向に伸びるものなのです。

冒頭が重要

小説というのは冒頭が死ぬほど重要だ。

最初のどれくらいの部分を冒頭と呼ぶかは、人それぞれだが、ここでは原稿用紙1〜2枚分くらい(つまり文庫本の半ページくらい?)を冒頭と呼ぶ。

冒頭の役割は4つに分けられる。

  • おもしろそう、と読者に思ってもらう
  • 主人公のキャラクターを知ってもらう
  • 舞台設定を理解してもらう
  • 文体や作品のトーンを理解してもらう

例えば「風の谷のナウシカ(映画)」での冒頭は、これらをすべて満たしていると思う。ざっくり書くと、

ナウシカがメーヴェという羽の乗り物に乗って、腐海に飛んでいき、王蟲の抜け殻を見つける。眼の部分を手際よく火薬で爆破し、取り外す。銃声を聞いて、ユパ様を助けに行き、王蟲を鎮める。

ここまでだけで、ナウシカが戦う力を持っていること(銃機器に慣れている)、腐海が好きであること、腐海の虫を鎮める力に長けていること、“腐海” という世界観、王蟲の存在や特徴……など、たった数分で凄い情報量なのだ。

情報量が多ければいいというわけではないのだが、『風の谷のナウシカ』は非常に込み入った世界観を持っているので、早く視聴者に理解してもらい、映画の世界に入り込んで欲しかったのだろう、と想像する。

さらに、このあとで “風の谷” に戻ると、王女扱いを受けているというギャップがおもしろい。

冒頭はかなり戦略的

小説でも映画でも漫画でも、冒頭はかなり戦略的に書き上げる部分だ。

物語を考えて、その最初から馬鹿正直に書く必要はない。途中から書いても良いし、サイドストーリーから入ったって構わない。だいたい『風の谷のナウシカ』だって、冒頭のエピソードはなくたってメインストーリーに何の影響もないのにお気付きだろうか?

いきなりユパ様が “風の谷” に来てもちゃんとストーリーは進む。しかし退屈だ。

冒頭にはキャラクター・舞台・文体(映画なら絵や色など)を理解してもらいつつ、おもしろいと思ってもらえるエピソードが必要なのがわかってもらえると思う。

そこで、冒頭にはかなり頭を使い、あれこれ苦心するのだ。

冒頭はいきなり書けない

特に小説の場合は、いくら事前にストーリーができていても、キャラクター設定ができていても、どうしても細かい部分は「書きながら考える」ことになる。人によってはストーリーもキャラ設定さえも書きながら考える。

そうなると、冒頭で伝えたい要素が、書き始めには作者にさえ定まっていないことがある。

ある程度定まっていたとしても、書きながらストーリーが変わったり、重要な登場人物が増えたりすることもある。

そうなると、やはり冒頭が書けない。というか、書いても「どうせ書き換えることになる」のだ。

冒頭は最低2度書く

そこで、どうするか?

簡単だ。冒頭は2度書けばいい。まずは普通に書き、最後まで書き上がったあと(あるいはその見通しがついた頃)に、2度目を書く。そのときはもうストーリーもキャラもトーンも決まっているはずだから、ちゃんとした冒頭が書けるだろう。

わたしの場合、2度書くとはいえ、1度目は手を抜くということもしない。ちゃんと考えて、1度目なりに本気で書く。なぜならそのときの書き手としてのテンションや、想いというものは、あとあとまで引き摺るし、よい冒頭に支えられていると、後半を書くときの気持ちがラクになるのだ。

しかし最後まで書き、最初に戻って読み直すと「もっとこうした方がいいな」と反省することが多く、結果ボツになる。

ブログでも同じことをしている

気付けばブログでも同じことをしている。

冒頭から書き始めるが、最後まで書ききったあとで、また冒頭を書き直す。

この手順がどうも自分には良いらしい。

本当によい冒頭がかければ、それだけで作品の質がかなり上がるだろう。よい冒頭の書き方は……、わたしも知りたい。

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ