魅力的な登場人物を書く上で気にすべき5つのヒント

小説の魅力はキャラクターの魅力で決まります。「魅力的なキャラクター」を書くための絶対的な方法はないけど、魅力的なキャラクターを書き上げるヒントはあります。5つにまとめてみました。参考にどうぞ。

DSC_5741-2016-05-28-16-30.jpg

小説はキャラクターで決まる

小説のおもしろさは登場人物のキャラクターにあります。

魅力的な登場人物がいないなら、どんな名ストーリーも、読むに耐えられない、というもの。

魅力的な登場人物はどう書けばいいか? 答えはないけど、ヒントはあります。わたしが書くときに気にしているポイントを5つご紹介します。

2面性を持たせる

「強面だけど優しい」とか「人は平気で殺すけど、虫は殺さない」とか「ほれっぽいけど、惚れられると焦っちゃう」とか、なにか2面性を持たせましょう。

むかしある作家と、この2面性の話をしていた時に、「ベタな例だけどさ」と前置きした上で、こんなふうに2面性を書くんだよ、と教えてくれました。

ハンドガンを持った殺し屋が誰かの家に飛び込む。入るなり、中にいた人を無差別に撃ち殺す。返り血を浴びても、拭きもしないような男。しかしその部屋から去るとき、足下にいたバッタを踏みそうになり、慌ててよける。そのバッタをそっと持ち上げて、窓から外に逃がしてやる。撃ち殺したはずの家主がまだ生きているのが目に入り、とどめの一撃――。

どうですか? この殺し屋に興味が湧きませんか? どんな生活してんの? どんな人生を背負ってるの? なぜ殺し屋になったの?

なにか2面性を持たせましょう。

2面性はサッサと見せる

で、せっかく作った2面性はサッサと提示しましょう。

できれば冒頭で提示しちゃいましょう。

物語の最後の最後に「じつはこんな面もありました」とか言われても、拍子抜けです。

非論理的な部分を必ず持たせる

「分かっちゃいるけどやめられない」

人間はそういう面がたくさんあり、それが人間のおもしろさだと思います。

タバコが身体に悪いのは、誰も疑っていないけど「でもさ~。うまいんだもの」と言いながら吸っているわけです。ぼくはそういう論理的じゃない人がすきですね。

なにもかも論理的じゃつまらない(突き詰めれば、これもひとつのキャラクターになりますけどね。いっつも論理的なのに、妹のことになると論理が破綻する男、とか)。

「太りたくない」っていいながらパフェを食う女とか、恋人のことが大好きなんだけど、冷たくしちゃう男とか、そういう部分を書きましょう。

キャラクターについて説明しない

これはキャラ作りと言うよりも、キャラの表現方法です。

せっかく作ったキャラクターをぜったいに言葉で説明しないでください。だいたい、実世界でもこういう話をする人いませんか?

「バイト先の先輩が超おもしろいの。いっつも笑っちゃうんだよ。ほんと、とにかくおもしろくさ。まわりのみんなもゲラゲラ笑ってるんだよ。おもしろくない?」

おもしろくないです。

どうおもしろいのか、動きで伝えましょう。優しいキャラなら、優しさが伝わる場面を作ってあげましょう。

「彼は優しい人です」

なんて説明しちゃダメです。唯一の例外はすごく短い短編のとき。その人のキャラを動きで伝えるスペースがないときはしかたないでしょう。それでも努力はします。

彼は『可哀想だから』と言って、学校で飼っていたウサギを逃がしてしまうくらい動物が好きだった。

と書けば「彼は動物が好きだ」と書くよりも何倍もいいですよね。

実はみんなが持ってる欠点を持たせる

小説を読むときの感動のひとつは

「まるでわたしのことが書かれているみたい!」

と気付く瞬間です。自分だけだと思っていたこと考え方とか、自分の個性が書かれていると驚き感動し共感します。

そしてそれは、必ず弱点です。長所はみんなオープンにしているので、作家がそれを書いたところで、感動は生まれません。しかし短所や弱点は違います。

「これはわたしの欠点。誰にも知られちゃいけない欠点」と思って、ひた隠しにしている部分をザクッと書き、そこに救いを与えること。

「自分と同じ弱点を持った主人公が、ちゃんと幸せになった」

これがうまくいくと、カタルシスが得られる作品になるわけです。

言うはやすし

と、言うのは簡単。あとは書くだけです。

書くのは難しいんですけどね。

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です