インディ作家を救うのは、日本ではまだ知られていないβリーダーという仕組みだと思う

日本ではまだ広がっていない、インディ作家を救う仕組みが『βリーダー』というプログラムです。その概要についてご説明します。

DSC_5779-2016-06-10-07-17.jpg

βリーダーの必要性

電子書籍が広がったことで、誰でも本を出せる時代になりました。

しかし問題は出版社のチェックを通っていない本が、そのまま出版されるということです。お金があれば、校正を外注することも可能でしょうが、それが難しいときはどうするか?

そこでβリーダーという仕組みが重要なのです。

 

βリーダーとはなにか?

βリーダーとは公開前の本を読み、内容をチェックする人です。

英語圏ではすでに定着している仕組みですが、日本ではほとんど見かけることはありません。

ソフトウェアでも “βテスター” と呼ばれる役割がありますが、それと同じですね。一般の人が、まだ正式公開前のソフトウェアを使ってみて、問題があれば報告するというやつです。

 

βリーディングの流れ

βリーダーという仕組みがまったく知られていないので、そのおおまかな流れをご紹介します。

 

1. 募集

まず著者がβリーダーを募集します。本のタイプや著者の要望によって、募集要項は変わるでしょう。

この時点でどのようなβリーダーを募集しているのか、どのようなチェックを依頼したいのか、を明確にすることが重要です。

たとえば『文字校正』をお願いしたいのか? ストーリーをチェックしてほしいのか? この辺を明確にしないと、ストーリーをチェックして欲しいのに、誤字脱字ばかり指摘してくるのでは意味がありません。

 

2. βリーダーの選定

大勢集まるようであれば、選定する必要がありますね。ただ、大勢の目を通すことはメリットなので、1人2人に絞る必要はないでしょう。

 

3. βリーダーへの原稿送付

βリーダーを担当してくれる人が決まったら、原稿を送ります。

作品の長さによりますが、長編であれば、一気に送らない方がいいと言われています。たとえば1章だけ送り、そこまで読んだ感想を送ってもらってから、次の2章目を送る……、という手順が良いでしょう。

 

4. レポートを送ってもらう

読んでもらったらレポートを送ってもらいます。

ただ、漠然と「感想を送って」とお願いしても、βリーダーは困るでしょう。

「おもしろかった」で終わる人もいれば、何千字にわたる書評のように送ってくるケースもあると思います。

そこでフォーマットを決めておくことが重要です。

 

βリーダーがなぜ重要か?

大袈裟に聞こえるかもしれませんが……

インディ作家という分野を成長させていく上で、βリーディングというプロセスは超が何個もつくほど重要だと思っています。

たとえばソフトウェアを想像してください。フリーウェア・シェアウェアといって、いわゆる趣味のプログラマーが作ったソフトウェアが世界中で広がりました。その成功要因のひとつはβテスターの存在だと思っています。

大勢でソフトウェアをテストする。不具合を減らすのはもちろんですが、使い勝手が悪い部分も指摘する。足りない機能を指摘する。そういったことを繰り返し、ときに大手企業が作るソフトウェアよりも品質の高いソフトウェアが出来上がることがありました。

その結果、そういったフリーウェア・シェアウェアは一般の人にまで浸透したわけです。

同じようにインディ作家の成長の鍵はβリーディングにあります。

本を消費する読者自身が、「自分が読みたい本」をブラッシュアップしていく。自分が読みたい本を、もっと自分が読みたい形にしていく提案ができる。

作家からすれば、大勢の目を通すことでアラを潰すことができるし、みんながどういうものを読みたいのかチェックすることができる。

今後、このブログでもβリーディングについて情報発信をしていきたいと思います。注目です。

 

ちなみにわたしもβリーダー募集中です

世界旅小説(アジア編)のKindleを出版予定です。

βリーダーに興味がある人はこちらのフォームから応募お願いします。詳細が決まり次第、お知らせいたします。もちろん詳細を見て、興味がなければ断って頂いても結構ですので、「興味がある」程度のモチベーションで応募してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です