『世界旅小説(アジア編)』のβリーダーを募集します(お礼あり)

Kindle本を出版します。少しでも良いものにするために、βリーダーを募集します。

募集内容や、お願いすること、そしてわたしができるお礼についてまとめましたので、興味がある人はぜひコンタクトしてください。

 

βリーダーを募集します。

わたしは2年4ヶ月かけて26ヶ国を旅してきました。

その旅の中で見てきたものを、小説という形を通して発表したいと思います。

出版するにあたり、少しでもクオリティの高い本にするためにβリーダーを募集したいと思います。

 

一般論:βリーダーとはなにか?

βリーダーとは、発表前の書籍を読み、欠点やあらを探し、著者に報告する人のことです。

「この場面が分かりづらいな」
「このセリフになんか違和感ある」
「せっかく中盤までおもしろいんだけど、後半だれる」

といった具合に、著者に意見を報告します。

βリーダーはプロである必要はありません。編集業務の経験があったり、自分でも小説を書く人はたしかに向いていると言えますが、ただの小説好きでも問題ありませんし、むしろわたしはそういう人を求めています。

βリーダーの役割や流れに関してはこちらのリンクをご覧ください。

http://kenemic.com/2016/06/10/how_betareading_is_important/

 

わたしが求めるβリーダーの条件

今回わたしが求めるβリーダーの条件は1つです。

『少なくとも1作以上、わたしの作品を読んだことがあり、少なくとも嫌いじゃない(ネットで山ほど無料で書いていますので、それらを参考にしてください)』

これを読んでいる時点で「お前の作品なんて知らん」という人は、こちらのリンク先でわたしの短編小説が山ほど読めます。これらをいくつか読んで、テイストが合うかどうか確認してください。

《原稿用紙1枚の物語》

作品の良し悪し以前の問題として、テイストがまったく合わないと、お互い不幸になります。

また、手続き上、SNS(twitter/facebook)のアカウントを教えてもらうかもしれません。

 

βリーダーにお願いすること

βリーダーには指定された期間で作品を読み、その感想を報告していただきます。またそのあとにチャットによるインタビューをさせて頂きます。

スケジュールが多少タイトになると思います。ご理解お願いします。

 

『感想の報告』について

感想の報告に関してましては、こちらでフォーマットを作ります。穴埋めしていただければ、報告が完了する形になる予定です。なので、いわゆる書評のように「上手に感想を書くスキル」は不要です。

 

『インタビュー』について

インタビューは、チャット(Line/Skype/Facebookメッセンジャー)を使って、15~30分程度(場合によっては伸び縮みする)を考えています。

ざっくばらんに意見交換ができたらいいな、と思っています。イメージしているやりとりは――

わたし「今回読んでみてどうでした?」
あなた「おもしろかったですよ~」
わたし「もしダメな部分を挙げるなら、たとえばどれですか?」
あなた「○○○はあまりこなかったですね」
わたし「ああ、そうですか~。どんなところがダメでしたか?」

なんて具合に、雑談の延長みたいにやれたらいいな、と思います。報告に書きにくいことをさらっと言って頂けると嬉しいです。

 

わたしからβリーダーにお返しできるもの

わたしからβリーダーには、こんなお礼を考えています。多少の変更はあるかもしれませんが、概ね、これくらいのものと理解してください。

  • 本の最後か、サイトの中で『スペシャルサンクス』として名前を掲載
  • 公開される著書の最終データ(PDF/Epub)を無料でプレゼント
  • Amazonギフト券を300円程度

 

希望者はこちらのフォームからお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

また、質問があるようでしたら、通常のお問い合わせフォームからお知らせください。

お問い合わせ

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です