大人が自分勝手になれる時間は朝イチしかない

「時間がない」

世界一たくさん聞く言い訳です。仕事が長引いて時間がない。家事に追われて時間がない。急な飲み会で時間がない。そしてこの言い訳のあとにはもうひとつ続く言葉があります。

「だから○○ができない」

大人が「自分勝手」になれる時間は朝しかありません。それもみんなが活動を始める前の “朝” です。

2016-05-25clock-2016-06-3-09-01.jpg

わたしも「時間がない」ときがあった

小説を書きたいと思ったとき、わたしは会社員でした。

いろんな意味で平均的な会社だったと思います。。給料も平均くらい。労働時間も平均だし、“急な飲み会”とか “付き合い” の量も平均くらい。

もちろん日本的な意味での平均です。

「小説を書く時間がない」

とわたしは結構本気で悩みました。本気で書きたいと思っているのに、書ける時間がない。それでも早く帰れた日は一生懸命キーボードを叩いたし、遅く帰ったときも少しは叩くように意識していました。

しかし、小説を書くというのは長期戦です。短編ならともかく長編だと数ヶ月かかることも少なくありません。

そして、数日かけない日が続くと調子が狂います。

「あれ? このキャラクターってどんな口調だっけ?」
「どんな服を着てたっけ?」
「次にどんな展開を考えていたっけ」

たった3日も書かない日が続けば、そんな苦戦を強いられます。

会社員をやっていると、3日くらい簡単に「時間がない」状況に陥るもです。

自分でコントロールできない要因が多すぎる

あるときふと、「どうして時間がないのか?」と論理的に考えることにしました。自分の時間を奪っているものを見つけて、自分でコントロールしようと思ったわけです。

結構シンプルな結論に至りました。

わたしの時間を奪うものの多くは自分ではコントロールできないものばかりである、ということです。そのころは会社員として生きていくつもりでもいたので、キャリアも意識していましたし、「仕事なんかテキトーにやればいい」とも考えていませんでした。

だから「意地でも早く帰る」みたいな発想はどうしてもできなかったのです。まぁ、このあたりもある意味で日本人的なのかもしれません。今思えば「意地でも早く帰る」というのは悪いことでもないですし、そうすればよかったのかもしれませんが、それにしたって、帰れない日はあるものです。

 

自分でコントロールできる唯一の時間

で、時間について考えていて、行き着いた至極当然の結論は “朝を活用しよう” というものでした。

朝型か夜型は置いておいて、大人が自分でコントロールできる時間って朝しかないと思います。会社員かどうかも関係ありません。急な電話、急な仕事、急な家事、急な子どもの世話、急な……。そういうものがない(あるいは少ない)唯一の時間が朝なのです。

朝、ある時間までは誰にも邪魔されないものです。たとえばひとり暮らしの人ならば、出勤時間まではあなたのものでしょうし、家族がいるならば家族が起きてくる時間まではあなたのものです。

仕事が飛び込んでくることも、飲み会になることもない。

唯一の障害は「起きられるかどうか?」にかかっています。

あなたが起きれば自由に過ごせる時間になるし、起きれなければ寝て終わる時間です。あなた次第です。

早起きすることが簡単だとは思いませんが、少なくとも「起きられれば自由に使える時間である」ことはたしかです。

 

気付いたら楽になった

わたしはそのことに気付いた日から、早起きを始めました。

3~4時には起きて、ジョギングしてから、執筆。朝ごはんも食べながら執筆、で7時に出勤。

それだけで優に2~3時間の執筆時間が確保できました。

毎日2~3時間も書く時間があるというのは幸せなことですよ。

とはいえ、結構つらくもありましたけどね。

 

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です