地味だけど読書で便利なポストイット

本を読むとき、必ず手元に置いておくのが今日ご紹介するポストイットです。

読書セット

わたしは本を読むとき下の写真のように本+ポストイット+えんぴつをセットで持ち歩いています。どれかひとつ欠けても気持ち悪いと思うほど、必ず一緒に持ち歩きます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-20-16-22-02

もちろん、えんぴつは気になった部分に線を引くため。ポストイットは線を引いたページに貼るためです。

で、今日、ぜひご紹介したかったのはこのポストイット。

このポストイットの魅力を3つご紹介したいと思います。

1. しおり代わりになる!

通常、ポストイットというと分厚い束で売られています。これだと、本とは別に持ち運ばなくてはいけません。

しかしこの商品は束自体が、カード状になっているので、本に挟んでしおり代わりになるのです。

普段は読み終わったページに束ごと挟んでおき、読んでいるときはポストイットとして使える、一石二鳥の小道具です。

 

2. 貼り付け面が透明!

この商品は貼り付ける面が透明です。だから、貼ってもちゃんと文章が読めます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-20-16-24-47
貼っても読める透明なポストイット

3. 色分けしてもいい。しなくてもいい。

ひとつの束(カード状の容器)に複数の色が入っています。

必要ならば各色に意味を持たせることができます。たとえば——

  • 青:共感したページ
  • 赤:共感しないページ
  • オレンジ:あとで調べたいページ

などなど。

ちなみにわたしはこういう色分けはしていません。上から使っていって、その色がなくなったら、次の色を使うというスタイル。

箱買いがオススメ

この商品を読書目的で買うなら、上でご紹介した箱で買うのがオススメです。

まず、そのほうが安いです。1束で買うと311円するのに対して、10束を箱で買うと、2372円(1束あたり237.2円)とお買い得。

また、こういう文具は大量に持っていた方が使うときの心のハードルが少ない気がします。少量しかないと、わたしの場合「こんなページで使うのはもったいないか?」と妙なブレーキがかかるんです。たっぷり手元に置いておいて、遠慮なくがしがし使うのがわたし流。

最初は1束で買ってみて、気に入ったら箱で買うのがいいかもしれませんね。

読書家にお勧めのポストイットでした!

-----------------------
連載企画のご紹介です。
原稿用紙1枚の物語 - 原稿用紙1枚で小さな物語をお届けします(毎日更新)
世界旅小説 - 2年かけて回った世界の国々を舞台にした読み切り短編小説の連載です(不定期更新)
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です