Kindle本を出版します。少しでも良いものにするために、βリーダーを募集します。

募集内容や、お願いすること、そしてわたしができるお礼についてまとめましたので、興味がある人はぜひコンタクトしてください。

バーッと急いで文章を書いていると、喋るときに「えー」なんて言葉で間を持たせるように、余計な言葉で文章の間を埋めてしまうことがあります。

そういう「いらない語」は、意識して減らすべきです。今日は、自分のブログを読み直して「これはいらなかったなぁ」と思う語を、理由と共に挙げていきます。

追記

ちなみにこれらの語は絶対使ってはいけないというより、癖のようになり乱用しがちな語、という意味で書いています。

そういう意味で、タイトルも「いらない語」ではなく「多用しがちな語」くらいのほうが正しい気がしますが、1度このタイトルで公開していますので、変えないでおこうと思います。

タイピングの速さというのは物書きにとってもはや武器です。別に化け物みたいに速くなる必要はありません、要は書いている本人がストレスを感じず、スムーズにタイピングできればいいのです。

「今日は指を鍛える以外」のタイピングを速くするコツをご紹介します。

ある分野で成功したかったら、ぜったいに必要なマインドがあります。それは刺激や材料をその分屋の外から得ると言うこと。それをやらないうちは、いつまでも誰かの後ろを歩くことになってしまうから……。

コンスタントにブログを書いていこうと思うなら、書きやすい環境を作ることも大事なことのひとつです。静かな場所、集中できる場所、そして書きやすいアプリ。WordPressのエディタだけだと、マイナーな問題が多くて、やる気がそがれますがMacJournalなら、あれこれずいぶんラクになるのです。

今日はわたしがMacJournalを使う7つの理由を挙げたいと思います。

数ある蔵書の中には「すごく好きな本」や「まあまあな本」などがありますが、そういう好みを超越した “バイブル” と呼ぶべき本があります。各方面に1~2冊ずつある中で、今日は「文章を書く人にオススメしたいわたしのバイブル」を5冊ご紹介したいと思います。

小説を書く人はもちろんのこと、ブロガーや、小説以外の本を書く人にもおすすめです。

小説の魅力はキャラクターの魅力で決まります。「魅力的なキャラクター」を書くための絶対的な方法はないけど、魅力的なキャラクターを書き上げるヒントはあります。5つにまとめてみました。参考にどうぞ。