モンゴルはわたしたちが世界一周した中でも、忘れられない国のひとつ。というか限りなくトップレベルに好きな国。そんなモンゴルの雰囲気を少しでも知ってほしい、と10枚の写真を挙げてみました。モンゴルの雰囲気を感じてみてください。

続きを読む 世界一周した中でも大好きな国、モンゴルの旅を写真10枚でご紹介

創作活動において「やる気」って大事。やる気がなくなると、ただの作業になり、品質が下がり、下がった品質に嫌気がさして、またやる気が下がる……。そんな負のスパイラルから脱却する方法を持っていると救われます。今日は「やる気の出る曲」を10曲ご紹介。

続きを読む 気持ちが沈んだときに、ガツンとやる気が出る曲10選

1

さてストーカーとのやりとりも最終回(第1回第2回第3回)。相手はmixiでわたしの情報を得ていて、ご近所さんであることは分かりました。どうすればやめてもらえるのか……。

続きを読む mixi時代の女ストーカー(第4回 一撃KO編)

1

さて、前回まで(第1回第2回)でストーカーの土壌が出来上がりました。K子はほとんど毎日、わたしが乗る電車に乗り、満員電車の中で隣に立ち、話しかけてくるようになりました。その時の一部始終と、その会話から導き出した情報を整理し、解決に向けての動きを書いていきます。

続きを読む mixi時代の女ストーカー(第3回 浴びた言葉に目眩編)

1

【第1回 きっかけはラブレター編】より続きです。K子から駅前で怒鳴られるという一件で、対策を打ったわたしですが、転がり始めたボールは止まらないようでした。今日はバスでの出会いから一転、電車でのストーキングに発展したお話です……。

続きを読む mixi時代の女ストーカー(第2回 電車がバレてあわあわ編)

1

男のわたしですが、8年ほど前にストーカーの被害に遭いました。そのときの一部始終を書いてみたいと思います。そしてストーカーがわたしから離れていった、ネット時代特有の出来事。

参考にはならないけど、「こういうこともある」という話として読んで頂ければと思います。

続きを読む mixi時代の女ストーカー(第1回 きっかけはラブレター編)

石田衣良という作家を知らない人は、それほど多くないと思う。最悪、名前を知らなくても『池袋ウエストゲートパーク』の作者と聞けば、大概の人は「ああ」となるでしょ? そんな石田衣良さんのSNSやネットの活用状況がすごく「もったいない」と思うのです。

続きを読む 誰か石田衣良さんのネット活動をサポートしてあげて欲しい、と独り言

昨年10月に世界一周の旅を終え、帰国。これからどういう人生を歩むか、妻ともアレコレ話し合いました。そんな中で「箱根に移住するチャンス」を得たので、乗ってみることに。おもしろそうなことには全部乗る。そんな人生になるといいな。

続きを読む 箱根に移住しました 温泉に入り放題か!?

普段、短い小説を書くことが多い。古くさく、伝わりにくい表現だと思うけど、原稿用紙換算で30~60枚くらい。いわゆる短編小説。数年前に新人賞を取ったきりになっているので、どうしても公募の新人賞を受賞したい。というわけで、長い小説を書きたいと思った。

短い小説の賞もあるし、それに挑戦すれば良かったのだけど、1度ちゃんと長編を書いてみたいという思いもあった。で、書いたのが現応用し換算で270枚。超長編というほどではないけど、出版すれば1冊の本になるくらいの長さ。

旅をしながら書いていると、毎日違った場所に座って書くことになる。安宿を点々としているので、部屋に机と椅子など望むことも出来ず、執筆のほとんどはベッドの上。あるいは電車の中。たまに喫茶店だけど、それはほとんどない。ロビーがあるホテルだと、ロビーで、階段に座って書いたこともある。

どうにか自分をONモードにして書く。

旅しながら長い作品を書くのは大変だ。

——————————————————
Amazonで発売中
父の筆跡・秋明菊の花びら、ほか

wpid-PastedGraphic1-2013-11-20-17-30.png

タイに36年いるというオーストラリア人が経営するゲストハウス。タイの中でもかなり田舎にあり、静かで、タイらしさと外国の洗練された洒落っ気が混じり合う不思議な場所。ここは本当に良い。住める。
——————————————————
Amazonで発売中
父の筆跡・秋明菊の花びら、ほか

wpid-PastedGraphic-2013-11-17-17-30.png

タイとミャンマーの国境にあるメーソットという町。
ミャンマーに行こうとするも、自分らのバイクでの入国を認めてもらえず、タイに居残った。偶然見つけたホテルが安くて居心地がよかったので、まァ、よしとする。

——————————————————
Amazonで発売中

父の筆跡・秋明菊の花びら、ほか