登場人物には必ず性格や容姿などの設定がありますね。その性格も決してテキトーに決めちゃって良いものではないんです。かならずその性格になった理由とか、背景というものを考えてあげる必要があります。

作者は登場人物を愛してあげなきゃいけないし、愛してあげるためにはその人物のことを知ってあげなきゃいけないでしょ?

小説の魅力はキャラクターの魅力で決まります。「魅力的なキャラクター」を書くための絶対的な方法はないけど、魅力的なキャラクターを書き上げるヒントはあります。5つにまとめてみました。参考にどうぞ。

2

偶然知り合ったサムくんが、登録者数120万以上のマンモスユーチューバーだった。せっかくなので彼の創作術やサクセスストーリーについて聞いてみた。特に彼のストーリー制作方法がすごくおもしろいので、参考にしてほしい。

続きを読む 《インタビュー》登録者120万人越えのユーチューバーはストーリーを夢から作る

小説を書く上で1番重要な練習は「たくさん書く」ことだと思う。この言葉はより具体的に書くと「よりたくさん書き終える」こと。決して「たくさん書き始める」ことではないし、延々とひとつの小説を書き続けることでもない。

続きを読む 小説技術を伸ばしたいなら渾身の長編よりも、短編を量産すべき

ある日、妻は悩んでいました。「なんかやるべきことをやれていない気がする……」と。そんな妻を説得し、GTDを試してもらったところ、なかなかいい成果が出たと思うのです。その挑戦と結果を大長編でご紹介。
続きを読む 人生に悩む妻にGTDを教えたらどうなるか? 挑戦と成果の大長編!

箱根の某所に越してきまして、周りにスーパーがないことから、Amazonをフル活用していました。するとやってくるのがヤマトです。荷物を運ぶヤマトの配達員にわたしは幸せにしてもらったのです。

続きを読む わたしはヤマトの配達員に幸せにしてもらった