ガジェットやアプリが進化して、いろんなことがすごく便利になっている現代ですが、本当にその便利さは必要でしょうか? 本当はそれほど求めていないところで、100%の便利さを求めるがあまり、ガジェットに消費されていませんか?

どんな創作活動であれ、「たくさん作る」ということはやはり大事なこと。それ自体は否定しないが、「たくさん作る」ことに囚われると、もっと重要な「良いものを作る」という意識を遠ざける危険性がある。生みの苦しみがないのなら、そこに成長はないのだ。

続きを読む 創作活動では「たくさん作ること」よりも「良いものを作る」という苦しみの方が大事

Scrivener(スクリブナー)は “原稿” と呼ばれるものをすごく上手に扱ってくれるソフトだが、「長文執筆で便利である」ことが強調されて、長くない文章で利用を躊躇する人もいると思う。しかしたとえブログや読み切りのコラムのように、長くない文章を書くときでもScrivenerはアナタの力になるのだ。その9つの理由をご紹介しよう。

続きを読む 原稿と呼ばれるものは短いものでもScrivenerで書くべき9つの理由

小説において “冒頭” というのは超を何個つけてもいいくらい重要だ。その冒頭は結果として2度書かなくてはならないものである。その理由を書いていこう。

続きを読む 【冒頭は2度書く】よい小説の “冒頭” は、1度全体を書き上げないとわからない

1

個人で出版社を起業する人がいる。個人で本を出版してしまう人がいる。そういうことに興味があったので、関連書籍を5冊仕入れて、一気に読破した。ドラマティックだったり、実務的だったり、それぞれの本に、それぞれのおもしろさがあったので、全部紹介してみようと思う。

続きを読む 「ひとりで出版社」系の本を5冊紹介(1億稼いだ事例も! )

更新され続けるウェブのおもしろさは否定しないが、印刷されたらそれっきり更新できない雑誌の魅力も捨てがたいものがある。むしろネットが普及した今、雑誌を以下に尖らせていくかがキーだと思うのだ。

続きを読む 雑誌の魅力は瞬間を切り取った “刹那” のおもしろさ

何か新しいことを始めるときに、楽観的なタイプの人もいれば、悲観的に考えてしまうタイプの人もいる。また始めての動き方として、努力型と天才型がいるように思う。それらを組み合わせて、人間を4つのタイプに分けてみようと思う。

続きを読む 天才型が意外と損? 楽観・悲観・努力・天才で人間を4つの型に分類してみた。

今日の記事はとにかく自分に言い聞かせるために書いている。でも同じ落とし穴に落ちている人も多かろうと思うから、公の場で自分を叱咤しようと思う。オンライン活動がタダだと思っているなら大間違いかもしれない、という話だ。

続きを読む 《オンライン活動の投資》なんでも無料でできるというマインドセットを改めるべき