紙媒体と言われると「衰退している」と思う人も多いと思う。しかしわたしはそうは思わない。売上という観点で見れば減少方向だろうが、ある意味では時代の適正値に向かって推移しているのであって、あるべき形が変わろうとしているだけなんだと思う。

1

個人で出版社を起業する人がいる。個人で本を出版してしまう人がいる。そういうことに興味があったので、関連書籍を5冊仕入れて、一気に読破した。ドラマティックだったり、実務的だったり、それぞれの本に、それぞれのおもしろさがあったので、全部紹介してみようと思う。

続きを読む 「ひとりで出版社」系の本を5冊紹介(1億稼いだ事例も! )

更新され続けるウェブのおもしろさは否定しないが、印刷されたらそれっきり更新できない雑誌の魅力も捨てがたいものがある。むしろネットが普及した今、雑誌を以下に尖らせていくかがキーだと思うのだ。

続きを読む 雑誌の魅力は瞬間を切り取った “刹那” のおもしろさ

1

ふとした縁で手に入ったインディ雑誌を見ていて「これだ」と静かに思った。ネット時代、多様化の時代、そんな時代だからこそ、熱いかもしれないインディ雑誌のことをご紹介する。

続きを読む 興味が多様化した今、インディ雑誌やZineが熱いのかもしれない