ガジェットやアプリが進化して、いろんなことがすごく便利になっている現代ですが、本当にその便利さは必要でしょうか? 本当はそれほど求めていないところで、100%の便利さを求めるがあまり、ガジェットに消費されていませんか?

Scrivener(スクリブナー)は “原稿” と呼ばれるものをすごく上手に扱ってくれるソフトだが、「長文執筆で便利である」ことが強調されて、長くない文章で利用を躊躇する人もいると思う。しかしたとえブログや読み切りのコラムのように、長くない文章を書くときでもScrivenerはアナタの力になるのだ。その9つの理由をご紹介しよう。

続きを読む 原稿と呼ばれるものは短いものでもScrivenerで書くべき9つの理由

今日の記事はとにかく自分に言い聞かせるために書いている。でも同じ落とし穴に落ちている人も多かろうと思うから、公の場で自分を叱咤しようと思う。オンライン活動がタダだと思っているなら大間違いかもしれない、という話だ。

続きを読む 《オンライン活動の投資》なんでも無料でできるというマインドセットを改めるべき

音楽/映像/小説でもクリエイターと呼ばれる人はネット上で3つのアプローチを意識しなくちゃいけません。1つ2つしか意識できてない人が多いので、再確認を!

続きを読む クリエイターがITを活用してやるべき3つのアプローチ

やっぱり本は紙がいい。そんな人でもぜひ考えてみてほしいのが「雑誌」の電子書籍。紙だと、かさばるし、結構高い雑誌ですが、電子書籍なら場所もとらず、10%オフで買えちゃうものが多いのです。忙しい人ほど注目です。

続きを読む タブレットを持てあましているあなたへ! Kindleで読めるビジネス誌5選

Twitterを見ていて、おもしろい呟きと、つまらない呟きをわける条件に気が付きました。ちょっと考えている人には当たり前のことですが、それは「『いま』を呟いているかどうか?」です。

続きを読む Twitterでおもしろいのは『いま』を呟いている人だけ

1

「会社に属せば一生安泰」という時代が終わり、大企業でも倒産・リストラも起こるという時代。収入源がひとつしかない生き方は、もう無理がある。これからは収入源を複数持つ生き方が強い。

続きを読む これからは収入源をいくつか持つ生き方が熱い

数年前に祖父が亡くなりました。彼が残した本が私にとって大きな意味を持つことに気が付きました。しかし彼の残した本の大半は電子書籍。一部残されていた紙の本との差を見せつけられた思いがして、自分はやっぱり紙の本がいいや、と思ったのでした。

続きを読む Kindle本は相続できないという悲しさに直面した