長年 iPhoto ユーザでしたが、少し前に写真管理をAdobe Photoshop Lightroomに移行しました。もう「みんな変えればいいのに」と思うほどお気に入りです。

今日はわたしが「写真の管理をLightroomに移行した9つの理由」をご紹介します。

Kindle本を出版します。少しでも良いものにするために、βリーダーを募集します。

募集内容や、お願いすること、そしてわたしができるお礼についてまとめましたので、興味がある人はぜひコンタクトしてください。

ある分野で成功したかったら、ぜったいに必要なマインドがあります。それは刺激や材料をその分屋の外から得ると言うこと。それをやらないうちは、いつまでも誰かの後ろを歩くことになってしまうから……。

数ある蔵書の中には「すごく好きな本」や「まあまあな本」などがありますが、そういう好みを超越した “バイブル” と呼ぶべき本があります。各方面に1~2冊ずつある中で、今日は「文章を書く人にオススメしたいわたしのバイブル」を5冊ご紹介したいと思います。

小説を書く人はもちろんのこと、ブロガーや、小説以外の本を書く人にもおすすめです。

Scrivener(スクリブナー)は “原稿” と呼ばれるものをすごく上手に扱ってくれるソフトだが、「長文執筆で便利である」ことが強調されて、長くない文章で利用を躊躇する人もいると思う。しかしたとえブログや読み切りのコラムのように、長くない文章を書くときでもScrivenerはアナタの力になるのだ。その9つの理由をご紹介しよう。

続きを読む 原稿と呼ばれるものは短いものでもScrivenerで書くべき9つの理由

Kindleで読める本がずいぶん増えている。小説や漫画はもちろんだが、知識や教養のための本というのもずいぶん増えた。「ちょっと教養を高めたい」と思う人のために、Kindle本を紹介したいと思う。

続きを読む 《知識人の仲間入り》教養を高める8冊のKindle本

原稿用紙1枚分の小説を毎日書いている。良し悪しは読者の判断に任せるが、「よく毎日アイディアが浮かぶね」と言われることは多いし、その点は誇りに思っている。そこで「アイディアの出し方」を実際の作業ノートを見ながら解説してみたい。

続きを読む 《原稿用紙1枚の物語》の書き方に見る「 アイディアの出し方」