長年 iPhoto ユーザでしたが、少し前に写真管理をAdobe Photoshop Lightroomに移行しました。もう「みんな変えればいいのに」と思うほどお気に入りです。

今日はわたしが「写真の管理をLightroomに移行した9つの理由」をご紹介します。

タイピングの速さというのは物書きにとってもはや武器です。別に化け物みたいに速くなる必要はありません、要は書いている本人がストレスを感じず、スムーズにタイピングできればいいのです。

「今日は指を鍛える以外」のタイピングを速くするコツをご紹介します。

コンスタントにブログを書いていこうと思うなら、書きやすい環境を作ることも大事なことのひとつです。静かな場所、集中できる場所、そして書きやすいアプリ。WordPressのエディタだけだと、マイナーな問題が多くて、やる気がそがれますがMacJournalなら、あれこれずいぶんラクになるのです。

今日はわたしがMacJournalを使う7つの理由を挙げたいと思います。

Scrivener(スクリブナー)は “原稿” と呼ばれるものをすごく上手に扱ってくれるソフトだが、「長文執筆で便利である」ことが強調されて、長くない文章で利用を躊躇する人もいると思う。しかしたとえブログや読み切りのコラムのように、長くない文章を書くときでもScrivenerはアナタの力になるのだ。その9つの理由をご紹介しよう。

続きを読む 原稿と呼ばれるものは短いものでもScrivenerで書くべき9つの理由

わたしがベースを始めた頃はなかった選択肢が、いまはある。そのひとつがパソコンとオーディオインターフェイスで楽器を始めるというものだ。

これからギター・ベースを買って、アンプを買って、と考えている人は立ち止まって考えてみて欲しい。

続きを読む ギター/ベース初心者こそアンプよりオーディオインターフェイスを買うべき8つの理由

いまの時代、パソコンの文字入力は毎日のこと。だからこそ少しでも効率よく、ラクにタイプしたいですよね? Mac標準でどのアプリでも使える、地味で便利なショートカートをご紹介します。

続きを読む こんな時代だから文字入力は最速で! Macの文字入力ショートカット集

2

GTDを本やウェブで学び、いざ始めようとして最初に引っかかることは「どのツールを使うか?」というもの。本当は手帳ひとつでできるくらいシンプルな手法なのですが、なぜか複雑なアプリを使わないとダメと思ってしまう人もいます。今日はEvernoteを使い、極めて最低限のGTD=「ミニマムGTD」を実現するためのステップをご紹介します。

続きを読む 【ミニマムGTD】Evernoteで最小限のGTDを体験するためのステップ

このことを忘れないようにしたいですね。メモというのは書くために書くのではないはずです。読むために書くのです。まぁ、書くことで記憶に定着することは否定しませんが、それはまた別の話。

ここではEvernoteを上手に見るために知っておきたいちょっとしたテクニックをご紹介します。

続きを読む Evernoteを見るために知らなきゃいけない基本テクニック3つ+1